2023年12月31日 (日)

忍者に結婚は難しいなんて言わせない の段!

わ・・・2023年が終わる・・・
1/1自分凧を揚げた!というおめでたい記事をアップしてからもう1年が経つというのだ。
ココログは1年以上更新がないとそれ以降は更新できなくなってしまうという仕様なので、とりあえず急ぎ何かを書いてしまおう。

今年は何といっても「忍者結婚式忍務」が一番のトピックだったなあ。
油日神社に全国100名の忍者関係者が参集するという超スペシャル非日常なお祭りでした。

元服式 ↓
0_20231231215701 

笑いあり涙あり毛髪なし!素晴らしい式だった。
嵩丸さん・稲穂さん、本当におめでとうございました!

0_20231231215901
食事会で出たお醤油も、そりゃあハート型になりますわ(偶然です!ほっこり)。

10
忍者夫婦として先輩風を吹かしていこうと思います。

おわり

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

翔べ!小小しころ! の段

「大凧に乗って上空に舞い上がる」

忍者になったらやってみたいことTOP10にランクインするとかしないとか、とりあえず誰しも一度は何らかの忍者作品などで目にしているであろう、凧に乗る忍者像。
等身大の頑丈な凧の四隅に四肢を張り付け、風に乗って上へ上へと高く揚がることができたら―
忍者好きならそんな情景を夢想した人も少なくないはず。

私も「子どもの体重だったらもしかすると行けるんじゃないか?」と思っていた時代があったかもしれない。
けれど、そんなことが本当に出来ると思える心はおろか、それが分かりつつチャレンジする遊び心もエネルギーも失ってしまって久しい。

【失っていない人たちのまぶしい姿】
https://youtu.be/p5HRmnEisLw(NinTube大凧回)

しかし、

なんの拍子か「凧揚げしたい」×「凧に乗りたい」という2つの願いが重なったある時、私は「自分を張り付けた凧を揚げてみよう」と思い立ち、ネットで角凧を買い、貼り付け用の写真を撮っていた。

 Img_2767 Img_2766

Googleフォトによると、「凧貼り付け用写真」を撮ったのは2018年1/5らしい(確かあきる野での山修行時に撮影)。
いつかやろう!と思ってずーっと放置してたんだよね。

その「いつか」が、2023年元旦のタイミングでようやく来たのです。
今年の正月は何の予定も無くて、家でゴロ寝しているのもな~と思い、うずら氏を誘って地元の広場で凧を揚げることに。

というわけで、めちゃくちゃ唐突な更新だけど、めちゃくちゃ素晴らしい活動ができたので、暇な忍者たちにぜひおすすめしたいと思ってPCを起動した。

凧に自分を張り付けて揚げるの、楽しすぎる!!
以下、忍者正月の新定番に!

↓ ↓ ↓

Img_2728

まず角凧を用意します。それから、凧に乗っている風の自分の写真も撮っておこう。
写真を撮る際は、凧に乗っている様子を思い浮かべて、遥か地上を見渡しているような表情を浮かべ、両手両足をパシっと伸ばすこと。

Img_2731

A3に出力した用紙がこちら。
アプリで背景をトリミングしたけど、その必要はないです(はさみで切り取りやすくはなる)。

Img_2759 Img_2733

ちょきちょきと切り抜き、貼り付け用の分身ができたら、
紐を通す穴を空けて、糊で凧の内側に貼り付ける。

Img_2771_20230101221801 Img_2770_20230101221601 Img_2760

Img_2745_20230101222201

簡単!

Img_2758_20230101223101

ドン! 小小しころ凧の完成

Img_2774_20230101223101

裏からうっすら透けている様子も良かった。

でも、上手く飛ぶのだろうか・・・?凧なんて揚げたことあんまりない。
正月から自分を乗せた凧が低空飛行の末に地面へ叩きつけられ、引きずられたら・・・
そう思うと縁起が悪すぎるんだけど、ここまできたらやるしかない!

「凧を飛ばすときのコツ」で検索して出てきたページには、
・紐を持つ人と凧を持つ人の距離は5メートルくらい
・適切な風向き(河川敷など)
・紐を持つ人と凧を持つ人とで息を合わせて走る&離す
・・・などなど、テクニック面が出てきたが、「諦めないこと」とのポイントも出てきた。

2023年の命運を懸けて、諦めずにやってやろう!

Img_2761_20230101230001

ザッ!!

何度かのトライ&エラーを経て、

見事飛翔!!
(上手く撮れてなかったけど、もっと飛んだターンもありました)

多分、この後の364日でこのダッシュを上回ることはない、今年一番の全力疾走だったと思う。
すごく疲れた。けど、飛んでよかったし、飛んだ時の達成感は得難いものだった。
凧に乗るという夢が叶った、素晴らしい元日でした!

Img_2749

ナイスファイト、小小しころ!

今回の凧あげでは色々掴めたので、もっと上空まで安定して飛ばせるようにまた場所や風の様子を選び、運動靴を履き、きっちり体力づくりをしてチャレンジしてみたい。
本当は夕方の少し薄暗い時にも揚げてみたい。

---------------------------------------------------
Img_2741

ちなみにうずら氏は竹谷凧を作ってきて揚げた。
ケーキを作ったり、ぬいとお出かけしたり、世には色々な推し活があるが、「凧にして揚げる」というのもなかなかオススメ行動である。
推しを高く舞い上がらせよう!という気合いのもと、推しのために走る。自分が支えている!という実感。空から見下ろしてもらえるという高揚感。推しのために生じた疲労感、筋肉痛。全てが宝物・・・

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

保守!

F4c1726cde17453394afe29a9daba144


| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

つちびしみん!? の段

「我が郷土埼玉にて忍者の企画展が開催されるとは!」
と歓喜していたのもつかの間、会期終了が明後日に迫っている現実・・・!

「実相 忍びの者」 @嵐山

このところの自分は家と職場を往復するだけの日々で、忍者っぽいことはおろか夏っぽいことも何もできず、秋っぽくなってしまった。
残念ながらこの企画展に行くことも叶いそうになくて絶望している。

今日は本来ならば三重大の山田先生が遥々この埼玉に来られて特別講演会が開かれるはずだったのに、それも台風のため中止になってしまったとのこと。かなしい!
中止や延期はもはやコロナで慣れっことはいえ、準備されていた先生やスタッフの皆さんの無念さを思うと胸が痛みます。また別の形で絶対実現してほしい!!と願うばかり・・・

ひとまず習志野さんが買ってきた図録で楽しむほかない。

Img_4834
図録!

例にもれず、忍者系冊子あるある「月とお城と忍者シルエット」を押さえた安定の表紙。
黒だから指紋ベッタベタについてしまう感じもまさしくTHE NINJA・・・

などとニヤつきながらめくっていると衝撃の写真が目に飛び込んできた

1
「土製撒菱」

えっ何コレかわゆすぎんか!!!??

え、とがってないんだけどこの子。
え、打ち上げられたアザラシ細工じゃなくて?
まきびしっつったらどいつもこいつも足裏の命を刈り取る形をしてるあれですよね?
コロッコロじゃん!
確かに踏んだら痛そうではあるが・・・鋭さ、凶悪さがまるでない・・・!!!
これはまきびしの概念を覆す衝撃のフォルム。
このかわいさに足止めを食らうということ?追手の収集癖を呼び覚ますって戦法?

Img_4831
キュキュゥ~~

のちのカービィと言われても驚きません。

ワルばかりがひしめく撒菱学園に突如転入してきたこの「つちびしみん」が
ひしみんたちとうまくやっていけるだろうか。それとも学園を牛耳ってしまうのか。
今後の展開(何の)が不安でしかたない。

とりあえず・・・かわいい・・・!戸惑い・・・!!!

Img_4833
裏表紙にもちゃっかり登場するつちびしみん。

これには運営サイドも土製撒菱にかなりツボっていることが伺えます。
左側の緑色のは「石製平つぶて」らしい。
なんでサイドをこのアイテムで固めたのだろうか。

0
確実にこうするよね。

 

以上、保守を兼ねて土製撒菱の衝撃を語りたかった記事でした!

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

四季の森忍術道場手裏剣打大会2020!! の段

コロナの影響による悲報があちこちで駆け巡っている。忍者界においてもそれは例外ではなく、各地でさまざまな忍者イベントが中止になってしまったもよう。
昨年、主催が伊賀上野観光協会から日本忍者協議会に移り新たなる幕を開けた「手裏剣打大会」も、やはりその餌食となってしまった。

「今年の手裏剣大会は中止だって!?」
「そんなぁ!もうお終いだぁ!!」
「ウワーン、出たかったよ~」ザワザワ ・・・ シクシク・・・ 
※ ↑忍者界隈 勝手なイメージ

手裏剣に命を燃やす数多の忍者たちが悲しみに暮れ俯きかけたその時・・・
あの名門道場が声を上げたのである!!!

四季の森忍術道場 手裏剣打大会2020

Img_0886
シャァァーーン!!!

こりゃあ参加するっきゃない!ということで、単身乗り込んで参りました!!

「四季の森忍術道場 手裏剣打大会2020 参戦忍務」
日付:2020年12月6日(日)
場所:四季の森忍術道場
天気:快晴


-------------------------------------------------------


壮大な雰囲気の前書きはさておき、とにかく特設サイトにある大会趣旨だけでも読んでいただきたい。

♦コロナ渦にあっても、手裏剣打大会の流れと参加精神を絶やさないで次につなげたい
♦今まで参加出来なかった子供達にも参加の機会を与えたい(小学6年生以上)
♦先が見えない不安な今こそ、手裏剣打ちを通じて心を磨き、人との絆、未来への生きる力とつながる気持ちを大切にしたい

泣ける。
自分は前回の伊賀での大会で打ったのを最後に一枚も打っておらず、とても出場して良いような者ではない(いつもそうなんだけど)・・・今年は見送り、見守ろうかなと思っていたのですが、改めてこの趣旨を読んでみて心を揺さぶられ、お得意の「参加することに意義がある」モードに突入してしまいました。
こんな状況だけど、まさに四季の森忍術道場だからこそ思い至れて、四季の森忍術道場だけが実現できる大会。本当に貴重な機会を作ってくださっている。
なんやかんやで毎年楽しんできたこの忍者的参加型競技イベントに、「今年は行かなかった」という選択をしたら、きっと今後の自分の中の手裏剣大会への関心は大きく削がれることだろう・・・それでいいのか?否!
これは行かねばなるまい!気づいたら申し込んでおりました。迷惑ながら開催前日に。
「記録より記憶」とは本当に良い言葉です。本来は高みを目指すべき大会でありましょうが、どうかお許しを・・・!

もちろん、なぜかたまに確変に入って高得点が取れること※があるので「あわよくばいい点出せないかな、ギヒヒ」というゲス心もありましたが。

※参考:2019年度大会記録
Img_5704 Img_6617
神のイタズラにより予選でたまたま1位通過するも本選2回戦で佐助さんと当たり、まとの木屑と共に散った過去を持つ、「でも先後決めジャンケンでは勝ったから」という謎のマウントを武勇伝のように語り続ける哀忍者、それがしころ


あと、未来有望忍者を次々生み出し、年々好成績者を輩出しまくっている四季の森忍術道場へのジェラシーもありました。
このままでは上位が全部四季の森勢になってしまうではないか!
四季の森への羨望が歪んでしまった忍者たちよ・・・我に力を与えたまえ!
というわけでいそいそと参加しに行ってきました!

(前半のなんかいい感じの動機はどこへ?)

--------------------------------------------------------

いざ最寄の中山駅へ!
行きの電車ではしっかりと血反吐を吐くほど手裏剣の練習をする妄想をして過ごしました。
感染症対策で密を避ける取り組みとして、競技時間は完全予約制での開催。ありがたい限りです。

Img_08881
到着!
なんてステキな看板なの!

Img_0889
受付には四季の森のかわゆいくのいちたちが待っていて、
消毒・検温もバッチリ案内してくれました。
(私がいた時間帯での「本日の最高得点」は塗り替えられず、たしか長野からお越しの月影さん180点!スゴイ)

Img_0895 Img_0892_20201207135801
鍛兵衛先生の作品であるカッコイイ手裏剣たちが主に今回の入賞賞品です。
ほしいぞ!

Img_0896
品の素晴らしさもさることながら、注目すべきはこちらのイラスト・・・
なんと柔兵衛先生が描かれたとのこと。ほっこり。かわいすぎるよ!!

--------------------------------------------------------

 Img_0878Img_0877
鐵左さんら見知ったお顔の皆様に癒されつつ、和やかな雰囲気の受付を抜けて道場内に入ると、

明るくあたたかくも、ピリっと張り詰める空気。久々の四季の森道場&競技場・・・!

やはり四季の森忍術道場は忍びたちのパワースポットと言えよう。
そしてパワーパーソンの佐助さんまで鎮座していました。
(今回はスタッフに徹して打たないとのことでしたが・・・残念)

競技は
10打の練習→審判に礼・的に礼→九字→5打×2回
という流れです。

人前での九字切りも本当に久々で震えた。
道場の皆様に見守られながら・・・エイッッ!!

Img_0914
結果は、礼法50点+打点50点(10点と40点に的中)

合計100点でした。


【今回の手裏剣打ちの自省】

毎度のことながら、一瞬で10枚無くなった・・・。私の癖は「緊張する~~とにかく早く終えたい!!」という気持ちに負けて、意図せずパッパッパッ!と打ってしまうところ。得点的にはたまたま良く作用する場合もあるけど、こんな風にアタリハズレを楽しむガチャガチャ感覚で打っている限り、納得のいく形では終われずに、打った後にはいつもちょっぴりモヤつき続けることになる。得点の先にある「手裏剣打ちから何かを得る」という域に行きつくことはないだろう。

手裏剣大会に参加する限り楽しいことは確かだけど、今後、自分にとって楽しむベクトルをどのように向けていくのが良いのか・・・。

何はともあれ、心身が緊張状態に置かれる感覚は大変久々で、ほんとうに心地よいひと時だった!


------------------------------------------------------


手裏剣の後は、道場名物の「まとやきいも」をいただきました。

Img_0882
練習で朽ちたまと板のお焚き上げ供養を兼ねている。
この煙にあたれば、手裏剣の腕も上がるかも?

Img_0909
ホクホク美味しい「まとやきいも」!
食べれば、手裏剣の腕もあがるかも?

久々にお会いしたぶどうさんもお元気そうでなによりでした。
大内さんからは「火渡りでスネ毛が燃え散ってツルツルになった話」などを聞きつつ、焚火にあたりながら、まったり。

Img_0899

大内さんの一部ツルツルの生足。誰得ショットof the year

Img_0901
「忍者めし」新味や甘いミカンなどもいただいて、

最後にはすっかり「ただ焚火にあたりながら食べ物を貪っている人」になってしまいましたとさ。


次々と競技に参加しにくる四季の森の道場生の方々、しっかり稽古の成果を出されていて、やはり高得点に次ぐ高得点これからのご活躍を期待するしかない手裏剣エリートたちまぶしい… 妬み心は綺麗に浄化されました。得点に関わらず誰もがまっすぐ気持ちよく手裏剣と向き合っている印象で、その輪に触れられたのは得難いことでした。


Img_0879 Img_0881

四季の森のみなさま、柔兵衛先生、ありがとうございました!!


--------------------------------------------------------

なんとこの大会、スイスの道場とも連携して開催されたとのこと。
大人・子どもあわせて15名ほどの参加があるそうな・・・
海外の方ともこの大会を通じて手裏剣の腕を競えるなんて、熱い!
ワールドワイドでNINJOYできる、素晴らしい架け橋!四季の森忍術道場手裏剣打大会2020!!

結果は如何に・・・!?
http://yamatoryu.daa.jp/shuriken_2020/

| | コメント (1)

2020年9月 8日 (火)

潜入!嵩丸邸 の段

4年もの沈黙を破り急にまたしれっと更新するのもなんなんだけど、、先日嵩丸さんち潜入してきたのがあまりに楽しかったので記録!
  
【嵩丸邸潜入忍務】
00
潜入メンバー:恵水ちゃん、直さん、習志野さん
日付:2020年9月5日
 

さて、嵩丸さんと言えば、一度会ったら誰しもが起き上がり「なかまになりたそうに たかまるをみている」状態になってしまうという恐ろしき対忍者能力を持つ生粋の忍者ったらしとして、私の中で有名な人です。
そんな彼の現在の拠点がどうやら某県某市にあるという噂を聞きつけ、一同で潜入を試みました。

~~~~~~~~
15:00 集合
「気を引き締めてかかろうぜ!」待ち合わせ駅に早々と到着し、猛暑のなか意を決する潜入メンバー。
しかし迎えにきてくれるはずの嵩丸氏は現れず…おのれ早速撹乱か!?

01
お呼びでござる時には出てこずに寝過ごすスタイル。

しかし一切憎めない。やはり侮りがたし、嵩丸・・・。

いきなり洗礼を受けたものの、怯まず前へ!
 
15:30 無事にニンジャック本拠地に到着!

Img_8747
バアアン!
わあああ~~例のやつだ!聖地だ聖地だ!キャッキャッ!
例のステキな忍者部屋でハシャギ倒させてもらいました。

Img_8867
お呼びでござるか?(パシャ)あ、お呼びでござるか??(パシャパシャ)


お約束のキメゼリフとともに撮影タイム!
くっ・・・足を踏み入れたが最後・・・魅力に抗うことができず、こうしてあっという間に我々はニンジャック空間に包まれ、取り込まれてしまいました!!

お部屋の様子はやはり想像通り、いや想像以上に忍者まみれです。本棚・キッチン・至る所に忍者資料、忍者グッズ。ソファーにはもちろん手裏剣クッション。もはや30㎠に1つは忍者要素が!?
事細かにレポートしたいのはやまやまですが、それは口伝にしておきます。
しころぐ閲覧特典(?)として一つお伝えすると、ベッドの枕元にしっかり甲賀忍者検定上級の認定証(重量級信楽焼)が鎮座していて、その馴染みっぷりが素晴らしかったのが印象的でした。
とりあえず嵩丸さん狙いの方は嵩丸さんの甲賀忍者検定上級認定証見てみたいナ」って言えば、きっと色々とスムーズに運ぶはずです。

16:00頃 恵水ちゃん手作りの美味しいお通しから忍寄りスタート(最高)!
割愛
AM6:00 雑魚寝からの起床
  
宴もタケナワなまま日付を越え、あっという間に一日が終わっていた・・・。
記憶があったり無かったりですが、久々の忍者仲間とのにぎやかなトークはめちゃくちゃ楽しかったです!
Img_8868
タートルズリュック拝借

119042114_347260776592213_33401498307045
度々始まる真剣研究者トーク

119045042_605726413437582_13932281356912 119047961_325389535447914_21200424376279
戦闘開始!

その他にも虚無僧させてもらったり色々楽しみましたとさ!


~~~~~~
ニンラジを聴いてしころぐを覗きに来てくれたかたありがとうございます!
で、記事の冒頭に「楽しすぎたので記録」とは書いたのですが、この更新の本心としては、ニンラジの弁解というかなんというか・・・!自分のどうしようもないこじらせクソまきびし野郎ぶりが痛ましくて・・・!
直さんをパシらせようとしていたり、ごめんね。忍者界も、芸歴がモノを言うお笑い上下システムみたいなところあるので、パンを買いに走るのは私なのに・・・ランチパックでいいかな!?最近の忍者界についても「オンラインで色々と展開されていて嬉しいですね~」などと颯爽と語りたかったものですが、とっさのパスに首を横に振ることしかできていない始末・・・。

女々しく後書きしちゃうのですが、とにかくワンコロ恵水先生にも直さんにも嵩丸さんにも、こんなしころぐを含めてご高配いただいて、本当にいつも感謝でいっぱいだ!ということを改めて言いたい!(そして習志野さんにはつねに厳しい目線を向け続けます)
この忍友とのニンラジトーク、折に触れて思い出しては急性イヤイヤ期に突入するということを何度か繰り返し、ようやく夏の1ページとして消化できかけている今日この頃です・・・。やー、動画や音声で色々発信できる人って本当にすごい。恥ずかしかったけど、とっても面白くて良い経験をさせてもらいました。

これからも、たまに細かすぎて伝わらない忍者愛が溢れる嵩丸さんのニンラジ諸々、みんなの活躍を楽しみに要チェックしていきます!!!

【おまけ】
この箸置き!!恵水ちゃんからのプレゼント。かわいすぎる!!ありがとうーー!!
食器棚部門の忍者グッズってなかなか増えないのですが、こんなに素敵なお品が加えられるなんて!めっちゃ嬉しい。
A
ありがとうございます!!

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

保守!の段

nifty 「あなたのブログこのまま更新しないと9月1日に編集できなくなりますよ」
しころ「そんな!」

よりによってくのいちの日にそんな悲しい措置はやめて!
というわけでとりあえず久方ぶりに更新!しころぐ。

いかに長い年月が流れたのかを1つ下の最終更新記事が物語ってくれています・・・
(蒼さんいまどうしてる?20字以内でいいから近況知りたいよ!)
ログインついでに振り返って読んでみると、本当に、在りし日の小しころの行動には戸惑いを隠せない。
あっちでニン、こっちでニン、暇さえあればバシバシ更新している恐ろしい子・・・!

いまメモしたい忍者的な徒然よしなし事もなくはないが、そいつは果たして同一者による手記と言えるのだろうか?

もはや古しころに改名じゃ…わしゃあ…ゲホゲホ!ゴプッ(血)

スマホを吐血で汚しながら、何か出せそうな忍者的写真は無いかとフォルダを漁ってみるも、かろうじて見つかったのがこれ。

Img_8379
ショー・コスギから寄贈されたという忍者太鼓
/仕事で訪れた代々木のオリセンにて撮影

(本当はナンジャタウン×忍たまコラボイベントの写真も5スワイプ分くらいあるけど自粛します)

撮れ高が無さすぎる現状。

長らく更新しないうちに元号も変わり、ココログの編集画面も変わり(やりづらい)、名字も変わり、新しい生活様式に変わり、、、
忍者への情熱もだいぶ変わっちまってんじゃねえのか!?
お前の忍者太鼓は打ち響いているのか!!?

Img_8380
DON!

良く分からない内容になってしまいましたが、自問を以って保守に代えさせていただきます。元気です!

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

蒼志さんあやかり記事 の段

更新ストップ中のしころぐですが、「ぶっこみジャパニーズ」ショック(武蔵一族TV出演による検索急上昇)によって、アクセス数が俄かにアップしております。わー


検索ワード
あおし / 武蔵一族 あおし/ 蒼志
 

恐るべし、蒼志さん効果!!
やはりどの界でも 「イケメン」強し が世の常か・・・。
そんなホットなスター忍者に先日会ったので、
サインをねだってみました!

13510860_598138160364579_2436921182
ドン!

ヤッタネー


【サインに見る蒼志さん検証①】

意外に字がうまい。

Ro
特に「ろ」がうまい。
 

【サインに見る蒼志さん検証②】

これは・・・

Syuriken 


Syuriken_2

手裏剣・・・!!
 

字はうまいが絵心は・・・なギャップ萌えイケ忍蒼志!これからも要チェックですね!
 
【しころぐおすすめの蒼さん】
折り紙ビリビリ蒼さん
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

忍者ラガー の段

「忍者ラガー」いただきましたー!

Img_1054

ホログラムがキラキラ!
輝くラベルがめちゃめちゃカッコイイーー!!
  

度数もさほど高くなく、とても飲みやすかったです。
ダラダラ飲んでいたのですが、ぬるまっても美味しいと思いました。
 
Img_1069
蓋も黒い

忍者の寄り合いや忍者の手土産にいいね。
 

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

かわうい写真 の段

痛いエイプリルフール記事をいつまでも先頭に晒しておくわけにはいかないので、更新せねば。

少し前に引っ越したもんで、ネット環境もまだ整っておらずバタバタしておりますが、変わらずにんじゃにんじゃできるよう調子を取り戻していきたいと思います。
忍ならではの新生活感だしてこ!作りすぎた飢渇丸をお隣さんにおすそ分けに行っちゃうぞ!防犯対策はもちろん鳴子とまきびしだ!
 
 
さて、土曜は某所で忍務でした。
150名のパーティーにて、かっこよくビシっとショーをこなした一同。
お客さんに喜んでいただけてよかった!
私は記録サポートを担当だったのでかっこいい写真をばしばし撮りました。
それらをご紹介しても良いのですが、今回はかわういオフショットも豊作だったので、そちらを載せようと思います。
 
Img_1075
控室前に表示がドン。ここに忍者控えてます~
所在を示すのが最近の忍者スタイル。かわうい(?)

Img_1077
待機中バイオハザードごっこをする2人。かわうい。


Img_1196
肩を寄せ合い、ショーの動画チェックをする組頭たち。かわうい。
 
Img_1202
帰宅準備を済ませた代表。かわうい!!

| | コメント (0)

«忍ドルデビューします!