« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

vs忍者うどん の段

野人流忍術修行によって、自然に触れ、無事に忍務を全うし、見事「野忍」の称号を得た我々であった。忍充!!

(完)
 
 
いやいや!この日の忍務はさらにもうひとーつ!!!
「腹減った・・・」という最後の願望を叶えるべく、巷でうわさの「麺の里 家来」さんに潜入
千姫の御車で一路立川へ向かったよ。
 
Img_5264
「家来潜入忍務」
場所:立川
参加者:千姫、習志野若、しころ(武蔵一族)
     ぶどうさん(フリーの忍者)
 
通称「忍者うどん」の「家来」
聞くところによると、セクシー装束のくのいちさんがいて、お色気や驚きの忍術とともに美味しいうどんをふるまってくれるという、新感覚のうどん屋らしい(ぶどうさんブログ 参照)

…ふ~ん。おもしろいじゃん。一族きってのお色気担当であるこのアタイらが相手してやろうじゃん!と、腕を鳴らしながら車内で意気込む千しころ

途中まで同乗の西ぼんさんにナビしてもらいながら、シュシュっと参上!たちかわっ(西ぼんさんとは、お店の前でお別れ)
 
Img_5200
飲み屋さんなどが連なる通りに、程よく溶け込んだ店構え。目印は「忍者」の幟です

いざ参る!ガラッ
たのもーー!!

Img_5204
「いらっしゃいませ~」

( ▽) ゚ ゚  ( ▽) ゚ ゚
 
orz orz
  
なんということでしょう。布の面積少ないよ!!顔を覆うより肩を覆ってください肩を!!!
2忍のセクシーくのいちさんに出迎えられ、一気に戦意喪失。平常を保てなくなってしまったよ。これがくのいちの術ってやつか・・・厳しい修行を耐え抜いた我々でも、太刀打ちできません!!わーわー
 
調子乗って撮らせていただいていたら、デジカメのデータフォルダ内が一気に肌色になってしまいました。これも魅力的な忍装束研究のためゆえ、致し方ない。
特に背後の眺めがよお。
Img_5210
結構な至近距離で!
全年齢対象ブログを目指すしころぐでしたが、方針を改めねばなりません(*´□`)
 
Img_5215
家来×武蔵のコラボショット

 
ひとしきりお話ししたり写真を撮らせてもらった後、いそいそと注文!
千・しころ→雷電うどん(おすすめ)
習志野  →えんまラーメン(新メニュー)
 
店内はこんな感じ
Img_5219_2 Img_5220
ほあ!有名忍のサイン色紙が飾ってある!!

Img_5209
メニューも色々あるのさ!
 
Img_5218
なぜかモニターでは「日本昔話」がw 例のエンディングが流れ、大変懐かしい気持ちに・・・
視覚と聴覚のミスマッチにより、絶妙なドキドキほっこり空間を演出。
おしりを出した子が一等賞なら、両肩出した忍は敢闘賞としましょう
 
などと考えクスリとしていると、神奈川のフリー忍者ぶどうさんがご来店!!
Img_5233どうも~
あの伝説のつばくろうオファーの際、千姫と忍務を共にした忍者さまであります。
この「家来」の常連さんで、時間を合わせて駆けつけてくださいました。お会いできてうれしかったです♪
聞き及んでいた通り、かっこいい装束姿!!
 
即断即決で新メニュー忍者ラーメン
Img_5239
シャッ!
 
Img_5236
そうこうしているうちに千姫と私の雷電うどんがドーン!
美味しそうなモツつけだれ。
 
Img_5240
習志野若のえんまラーメン
 
Img_5243
ぶどうさんの忍者ラーメン
 
Img_5245
習志野若のてんぷらうどん(二杯目)
 
わーい!いただきま・・・
  
Img_5242
の前に、印。このあと何が起こるかは・・・ひみつだ!!!
 
モツつけだれは初めてでしたが、暖かくて濃厚でめっちゃ美味しかったな~
ぶどうさんのご厚意で、我々も一緒にくのいちさんの「口上」(自己紹介ご挨拶)を聴かせていただきました。くのいちあゆみさんによる「口上」・・・かっこよかったです
セクシー・エンタメ・美味しい麺!突然押しかけてきた怪しい新参3忍を優しく快く迎えてくださり、楽しく接してくださる素敵なお店「家来」ありがとう!!

 
食後の撮影タイム
Img_5251
ぶどうさん面頬装着
 
Img_5258
「家来」親方様
 
Img_5256
わーヽ(´∀`*)ノ
 
Img_5262
おいでよ「家来」ショット (道行く人が注目。)
お店では色々なプロジェクトが進行中のようです・・・今後を要チェック!!

Img_5266
ぶどうさんありがとうございました
そして千姫、事前に各方面へ連絡をとってくれてありがとう~!まさに連絡忍の鏡!

| | コメント (8)

2013年1月30日 (水)

続続 野人流忍術修行 の段!

さくさく更新!なぜなら週末はまた忍活(伊賀忍者講座)が控えているから!1月は本当に忍活ラッシュ・・・・

 
忍務つづき!
もはや写真のみ!
  
Img_5165
山道をダッシュしたりテクテクしたりしながら下る。

Img_5169
顎掛岩に顎をのせるサス

Img_5173 Img_5174
遠くに都会の街並み・・・。。スカイツリーが爪楊枝ほど
 
Img_5175
せんひめー
 
Img_5176
千姫とちょこちょこ植物談義をしながら進む
池田先生がいたら片っ端から名称を列挙してくれるだろうな~
 
Img_5177
ふもとのお不動さんにゴール!
 
Img_5181
想定していた2時間で無事たどり着くことができました
あー本当にすっごく楽しかった・・・
今度一族や忍友のみんなともやってみたい~
 
 
手裏剣打ち
Img_5182 Img_5185
今回のプログラムも終盤!お馴染みの手裏剣をガンガン打つ
いつも打っているタイプとは違い、なかなか難しかったです

Img_5188
千姫の棒手裏剣。耳赤いって(*´□`)キュン
 
Img_5189
みんなで楽しく手裏剣打ち!
 
Img_5190
してたら変な雲きた。耳みたい(耳はもういいよ
 
Img_5192
火を囲みながら、忍者トークも弾みました!

 
座学&修了式
ここからは写真撮りそびれていましたが・・・
最後は和室に戻って、今回のプログラムで出てきた知識などの振り返りのペーパーテストを実施。ちょっと忍者検定が思い出された。うっ(胃痛)
さっきまである部分頭を空っぽにして自然と戯れていただけに、漢字が一切出てこず。ほとんど平仮名で記述(・b・)あわわ
 
みんなでわいわい答え合わせをしたあとは、
プログラムの締めくくり
Img_5193
野人さんから「野忍流忍術修行者の証」が授与されました。
嬉しいー!!
 

そこに記されているなかで、グっときた一文を抜粋して、レポをまとめとしよう!

「野忍は、常に切磋琢磨し、共に高めあう同志である」

自然の中では、連帯感がかなり大事なものであるということが一層よくわかりました。
これは普段の生活では得られない感覚!ともに活動した野忍のみなさま、ありがとうございました!!
そして、野人さんをはじめ、安全に楽しく進行してくださった運営のみなさまにも、感謝!
 
Img_5197
忍務完遂!!!

| | コメント (6)

続 野人流忍術修行 の段!

昨日千ちゃんから聞いたのだが、某番組で阿修羅のみおさんが出演していたらしい。私もその番組見てたのに見逃したー!
ずっと見てればよかった・・・松崎しげるが徐々に黒くなっていくところで笑い疲れちゃったんだよ・・・。
 
 
さておき!つづき!
 
休憩を終え、一同はいよいよ山へ・・・
そう、山!今回のプログラムで一番楽しみだったのが、この野外フィールド・山林での活動です
オリジナル地図をたどって山を登り、6つの指令をこなすという忍務なのだっ
 
Img_5076 Img_5079
と、ときめくーー!!
 
野人さん、遊民さん、足袋さん、代官さん(待機)に危機管理やサポートをしていただきながら(進路に関する口出しはなし!)、あくまでも参加者主動で地図を解読し進んでいくわけです!
 
サスケも参戦だっ!
36_large
 
意気揚々と、忍務開始~!!
地図を頼りに、雪の解け切っていない山道をざくざく進む。
Img_5088_2 Img_5100

Img_5086
夏は沢を歩くとのこと。いいねーー!!

 
ってサスさん!!
Img_5094
サスの足が止まってしまい、だっこ袋で行けるところまでだっこしていくことに。苦しゅうないお殿様モードであらせられます。頑張れ駕籠志野さん!
 
積もったままで固くなった雪の上を歩く。足が沈んで地味に重い・・・すでに覆面したままだと呼吸が苦しい。。
Img_5102
もちろん先の人の足跡の上をハズさないように歩く訓練も忘れずに!(潜入人数の撹乱・きつね走りの術)
 
Img_5104
行き過ぎたー戻れーー
 
Img_5107
丸太橋!!!スリリング!!!!
 
 
謎の小屋を探索したり、だんだん険しくなる道を進むうちに、
・・・おや!?
サスのようすが・・・・!
 
Img_5118
パパパパーン!
おめでとう!殿様忍犬サス は ワイルド忍犬サス に進化した!
自然の力ってすごい
 
Img_5130
忍犬の本領発揮じゃい おらおらー
 
 
サスに続いてガンガン行こうぜ!

Img_5120_2 Img_5126_7 Img_5131 Img_5139_4 Img_5137 Img_5141 Img_5142 Img_5146 Img_5134 Img_5147

写真のとおり、斜度がやばくて笑いました

Img_5144
ふと見上げると、きれいだな~
 
Img_5151 Img_5152
がんばる千姫は耳が真っ赤でかわいかった!
 

雑念を捨て、無我夢中で斜面を踏みしめる。
ええいっ!!

Img_5162
わーい!なんとか全員で登りきり、山道に出られたぞーー!
あとはこの山道を走りぬける(!!)だけ!!
 

いやー、ここ最近は駅の階段しか登っていなかった私にとっては厳しい忍務だった・・・・!!!
けど、かなり楽しかったです!!!ストレスがスーっとなくなっていくのを感じました。

 
これはあとで撮ったやつだけど、靴がこんなんなってたよ
Img_5270
パカー。あ、これマンガとかの釣りでかかるやつじゃん。つって
 
つづく
 

| | コメント (0)

野人流忍術修行 の段!

野人流忍術修行(HP
この春から本格始動する、自然の中での忍者体験を通して心身を鍛えるプログラム@奥多摩

去る1/26、その試行会があり、一族の3忍(習志野若、千姫、私)で参加させてもらってきた!まさかこんなにアクティブでエキサイティングな忍務に携われることになろうとは。そろそろ小しころ→中しころにレベルアップしてもよろしいかな?
しかし、今回のプログラムは山あり谷あり雪あり刀あり手裏剣あり。今までもっぱらインドア活動だった私ですが・・・果たしてリタイアせずに野外での忍務を全うすることができたのか!?
 

30_large
「野人流忍術修行試行会忍務」
日時:1/26(土)10:00~

天気:快晴
参加者:(後列左から)★足袋さん、★代官さん、★野人さん、★習志野若、西ぼんさん、ガンダムさん、クリリンさん、ゆき君あすか君のおかあさん、★タディさん
(前列左から)★遊民さん、ゆき君、あすか君、谷口さん、しころ、サスケ、千姫
(カメラマン 高橋さん)
★=運営及び先生
※ お名前間違ってたらすみません;

 
9:00武蔵五日市駅集合!&滝本へ出発
Img_5010
千姫が愛知から来たー!!遠いところ、おつかれさま!
そして今回はなんとサスと共に!!見知らぬ土地で見知らぬ人に囲まれ、不安げなサス

主催の野人さん、代官さん、参加者の西ぼんさん、谷口さんと合流し、現地へれっつごー!

Img_5013_3 Img_5015_2
だんだんと木々が生い茂り、細くなる道を行く・・・

忍務場所に到着&修行開始
Img_5018
密やかに佇む古民家が拠点。素晴らしいロケーション
外観の写真はまともに撮れてなかったけど、恐ろしく趣のある室内で、

 
千姫とはしゃぎました

Img_5026 Img_5022
急いで着替えて、お約束の激写タイム
『千ちめんたる』(千姫写真集)に所収すべきショットがたくさん撮れたよ(゚∀゚)=3

 
Img_5016
しばし外待機で、寂しいサス
 
Img_5070_2 Img_5067_2
野忍のパオちゃんとチャーハン(忍猫)

  
10:00~修行開始!
Img_5030 Img_5045
Img_5044 Img_5036
導入、忍者に関する基礎知識や、この土地との関わりを教えていただきました。北条と武田のちょうど境目にあったこのあたりでは諜報活動が盛んだったようで、特に修験者が使われていたとのこと。拝島にそのお頭がいたらしい。今後地元の方に詳しく伺ってみたい情報です!

足袋さんの礼のご指導から始まり、美しい演武のご披露、タディさんの刀の解説・扱い方講座。うーん・・・かっこいいっ・・・
 
Img_5048 Img_5051_2
習志野若の忍者刀講座も。よっ!後光が射してるよっ!

 
剣術 
Img_5053 Img_5054 Img_5055 Img_5062

じゃあ実際にやってみよう!と、先生方に丁寧に教えてもらいながら、楽しく刀と触れ合うひととき。
私も血振りを習い、興奮・・・。家の竹刀で練習せねば!!!
 

そんなこんなであっという間にお昼になり、みんなで暖かい薪ストーブを囲みながら昼食タイム。
わー、やっぱ外で活動するの気持ちよくて楽しいなー!午後も楽しみだなー!
と、まだまだ真の“野外活動”の手前で、のほほんと鳥五目おむすびをほおばるしころであった。

つづく

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

お湯を注ぐと絵が・・・ の段

消え・・・

Img_4999_3

ない!

会社で使ってるボンバーマン風忍者ゆのみ。
よく見ると手裏剣持ってる指がなんかわからないことになってるw


おや・・・?

Img_5000_2

Img_5002_2
ばばーん☆

こちらは紅茶のティーバッグ。
ヒモの先の紙のところが日本風なシルエットになっているという素敵アイテム!(↑画像は「かぶき」)

Img_5008
「忍者」はもったいなくて使えないよー!!
うすいさちよ先生並みに何回も使いまわしちゃうよー!!

どちらもいただき物(^人^)

| | コメント (2)

2013年1月21日 (月)

NINJAフェスタ潜入! の段

毎年、三重県伊賀上野のPRイベントとして開催される「NINJAフェスタ」都内版。

一昨年はお台場
20110207_2

昨年は羽田空港
44548626_1516432545_149large

↑なお、羽田空港ではいのさんが運営の観光協会さまに話をつけてくれて
お手伝い忍務をさせてもらいました。なつい


私が最初に訪れてから早3回目・・・今年の開催地は東京ミッドタウン
さすが観光に力を入れていらっしゃる伊賀上野・・・いつもハイカラ(?)で縁遠いスポットで開催されるな~(--;)あうう
田舎忍の呟きはさておき、今年も覗きに行ってきたよ!写真盛りだくさんでお送りいたします!
 
ちなみに、このNINJAフェスタは私の忍活の幅が広がるきっかけとなったイベントなんだよね(台場のフェスタで知ったNFCに登録し、武蔵一族と出会う→忍活 という流れで現在に至る。)
あの日あの時あの場所でビラ配りとすれ違わなければ・・・
私はいつまでも引きこもってニンニンニヤニヤしていただろう・・・
うーむ!忍ストーリーは突然に ですなぁ。

そんな(どんな?)感慨にふけりながら辿りついたぜ六本木!
Img_4896
竹もコンクリに生えちゃう。だってミッドタウンだもん!(おのぼりさん全開
 
Img_4897
ざわつく会場・・・
 
着いたとき、ちょうど伊賀忍者検定(○×クイズ)が始まるところだった!
Img_4899
スタッフ忍者に導かれるまま、参加者がひしめく赤カーペットの上へ行くと、見知った顔発見!さくらさぁん!笑
第1問:伊賀のゆるキャラ「いがぐりお」は小学4年生である、○か×か!というまさかのしょっぱな最終問題並みの難問で、二人共あえなく敗退。小3らしい。
 
 
一緒に色々見て回りました♪
 
Img_4902_2
おなじみの忍者土産

Img_4907_2
装束に着替えているちびっこもちらほらいた
 
Img_4989 Img_4988
美しい伊賀組紐と組紐忍者くん
 
Img_4980
気になった地酒を一挙に試飲させていただけてありがたかった(^u^)
 
Img_4909
伊賀焼体験
 
Img_4975_2 Img_4974
おなじみの忍具展示。そしてしころ。
 
Img_4982_2 Img_4983_2
パズルコーナー
 
で、一族の武器「まろほし」を彷彿とさせる忍者刀のパズル(知恵の輪っぽくパーツをバラすやつ)発見!
Img_4911_2

Img_4913_2
構えるさくらさん しゃきーん♪
 
と、うろちょろしているうちに、阿修羅のショーが始まりました。最前列をばっちり確保し、いざ観覧!

Img_4922
半蔵さん
 
Img_4927 Img_4928
サイと兜割りという武器で応戦 ヒョンヒョンヒョン!ザッ!ズブシュ!!
効果音がついているとやはり盛り上がるなあ
 
Img_4933
鎖鎌で華麗に脚をとる!
 
Img_4936
鎖鎌で棒をたち斬ったり、真剣ですまきをスパっと斬ったり
やはり実演で武器の鋭さが示されると、とても迫力があり、テンションがあがります
 
Img_4940 Img_4941
まさのすけさんのダイナミックな六方手裏剣三枚同時打ち。
 
Img_4944 Img_4947_2
棒手裏剣もほぼ同じ位置にズバーン
 
Img_4949
ゆかさん (*゚∀゚)=3 おうつくしゅう(*゚∀゚)=3


Img_4951
仕込み笛でトドメ あの世で懺悔しな 
 
Img_4956
吹き矢シルエット おうつくしゅう
(*゚∀゚)=3
 
Img_4958
組紐演武 
ブンブンと振り回す様子はとても迫力があって華麗で、ちょっとやってみたい・・・羽田の時にみおさんもされていたけど、どれくらい練習を積まれているのだろうか><
 
Img_4963
大盛況のうちにショー終了

最後の紹介で、ゆかさんは百地の一族でいらっしゃり正真正銘の忍者とおっしゃっていました。まじかっ!

Img_4973
ショー後の記念撮影もちゃっかり。ビシッ!!!
さくらさん構えかっけえ!
 
Img_4978
半蔵さんとも
とても気さくに鎖鎌を持たせてくださいました!


Img_4970
手裏剣打ちも。
今回は先着30名ということで、ショーで座って痺れた足を引きずり、急いで並んでちびっこと混ざってチャレンジ!
 
先を丸くした伊賀流公式手裏剣・・・・全然当たらなかった・・・;これでは今年の予選も思いやられるよ~。。

 
会場をあとに、さくらさんと蕎麦屋に入ってお話しして、最後にちらっと見てから帰ろうということで、また戻ってショーの最後の回も観覧。やはり最後も盛況でした。
 
武さんも発見!
Img_4995
手裏剣全部いいところに命中!サスガー!!
そのあと夜のギロッポンの街に消えていったシータケさん。ガーサス!!
 
三重の観光パンフレットや興味深いチラシなどもいっぱいゲットし、帰りました。楽しかった~~!
いろいろ萎縮せずに過ごせたのもさくらさんのおかげです。ありがとうございました~♪
 
Img_4997_2
お土産の発泡酒。

| | コメント (3)

2013年1月18日 (金)

伊賀遠征② の段!

雪が固まって、氷の欠片がそこらじゅうにちらばっている・・・。
礫術の使い手をイメージして庭でポイポイ投げるの楽し~い!けど手が冷てー
 
さて、伊賀遠征のつづき!
早くも「即日更新」に危ういムードが漂うしまつだが、こんな時は以下同文の術だ!
 
当日の流れと的確な説明がバッチリまとめられてるよ!
千としころのラブラブ観覧車デートも必見!?
 
 
本当に楽しいツアーでした!!
私が特に特に熱く感動したところをダイジェストで
 
★『萬川集海』
池田先生に連れてってもらった某所の資料館!
の片隅にある、何てことない本棚にて、
Img_4797
池田先生がおもむろに取り出した
Img_4785
『萬川集海』復刻版
Img_4769
ドン!!!
 
よく展示ケースに飾ってあるのは見たことありますが、
なんだかんだで手にしたことはなく・・・!興奮でした!!!
こうした資料が本棚にフツーに置いてあるところ、さすが伊賀!うらやましい。
ずっと居たかったなあ(T T)
 
Img_4780
坪錐たん

Img_4781_4

しころ


錏に二つの利あり
一にはしのび返し〓〓〓やらひ等の鎌にて 伐り難きものを伐るなり
ただし伐り様は
忍中に記す
二に戸の脇板などを伐り すき入る時 錐にて〓をき
そのあとにこの
錏をもって廻りひきするなり 口伝

わからないところもあるけど、原典に触れる喜びは大きい!

ほかにも文書の展示や伊賀の民族的な展示品がたくさんあって面白かった~ 
Img_4789
農具を手甲鈎風にあてがうフョードル氏。

 
★心をくすぐられるスポットの数々
Img_4827
稲増のお屋敷。
築地のくづれ・・・
イイ・・・。
 
Img_4842
浄光寺
 
Img_4844

Img_4845
縁の下・・・
イイ・・・。
 
 
★池田先生の植物講座
Img_4849
目に付く植物を片っ端から解説してくださる池田先生
面白く!わかりやすく!ときにダジャレを交えつつ・・・(=v=)
たくさん教えていただきました!
 
忍者は植物の知識にも長けてなければならないのですが、私はこの分野には今まで全くノータッチで・・・。こうした観察は、小学校の理科以来だったかも。
この植物なんだろう?と考えながら凝視したり触ったり嗅いだりすることが、こんなに楽しいことだったとは!!!
これからは道でちょっと立ち止まることが多くなりそうです
それもこれも、お詳しい池田先生とご一緒できたからこそ。ありがたやありがたや~

毒のある植物って結構生えてるんだな~。
あせび と しきみ
Img_4813 Img_4858
どちらもポイズン!
 
Img_4816
草モッサモサの急斜面を颯爽と駆け上がり、葉を採取する千姫。
さすがや!
 
 
★雨乞山登山
Img_4847
250ちょいの高さをざしざしと。しんがりは伊蔵さん
 
山頂は決して広くない。
Img_4857
天正伊賀の乱では、この山に立てこもって激しい戦いが繰り広げられたという
 
古老が言い伝えるには、竹の皮を濡らして進路に敷いたり、女人を裸にして走らせ敵の気をそらしたりして応戦したとのことです。
 
Img_4854
天正役遺蹟
 
Img_4856
山頂からの美しい眺望。音も静かで癒される


はぁ・・・すばらしい実地研究だった!
また行きたい!!!
今年はいっぱい遠征できるように、がんばるぞ!楽しみー♪
 
 


おまけ
★サスケくんと遊ぶ
今回も千姫邸でお世話になりました。千姫本当にありがとうーー!!
相変わらずやんちゃなサス。
前回はイケ忍犬ショットを載せたので、今回は厳選コミカルショット

Img_4880
Img_4884
Img_4885_2

服を着せられてこの表情
Img_4894
ヤレヤレだぜ。

| | コメント (3)

2013年1月15日 (火)

伊賀遠征① の段!

12日に三重へ行ってきました。忍者講座に忍びこむためです。ヒッヒー♪
 
この講座は去年の開始時からずっと行きたくて、今回3連休だし忍活三昧してやらあああ!と、はりきっていたところ
なか日の午後にどうしても仕事が入ってしまうという(TxT)悲劇
ゆっくりいられなくて残念でしたが、この日はまるまる、忍者講座&忍者研究家池田てんてーと忍びな仲間たちとの「忍者ミステリーツアー」で、 久々の遠征を楽しみ尽くしました!!
 
Img_4823 (稲増家)
忍務:「忍者講座」&「伊賀忍者ミステリーツアー」
日時:1月12日
あしどり:ハイトピア伊賀→多々忍者スポット→雨乞山
天気:晴れ
参加者:池田先生、ヒョードルさん、伊蔵さん、Hちゃん、千姫、しころ(以上ツアー参加)、マーシー店長、道順さん(ランチまでご一緒)

今年のしころは飛ばしてる・・・! 


金曜、仕事終わりにそのまま夜行バスで名古屋へGO!ねむっ。さむっ。で、若干元気をなくしていましたが、千姫に会ったら疲れも吹っ飛んだ。程よい時間に最寄り駅で拾ってもらい、千姫のご実家で装束に着替えさせてもらい、いざ講義会場へ!
 
快適な運転をありがとう千姫!
Img_4742

 
滑り込みで後方に着席!今回のテーマは「近代文学にみられる忍者像~村山知義を中心に~」

ご講義くださった尾西先生と、私が仕事で超お世話になっている三重の先生とが親しくされているということが判明し、不思議な御縁でございました。聞き及んでいたとおり、分かりやすいお話と、穏やかで素敵なファルセットボイスでした・・・!

尾西先生が昨年のLAのリトル・トーキョー(日本人街)の催し「七夕祭り」を訪れたとき、忍者ショーやグッズが大人気だった様子を目にされたとのことを聞いて、やっぱちょっと嬉しくなった!
太平洋戦争勃発時、その現地では多くの日系人が強制収容所に移送されたという・・・厳しい歴史を歩んできた日系人たちの合言葉は「GAMAN」。彼らの支えの一つとなっていたものは、日本文化、殊に「忍者」をテーマとしたのエンタメの数々だったそうです。単に、日本的!カッコイイ!という魅力だけでなく、耐え忍ぶ者としての姿が、心をとらえたのでしょうか。
 
村山知義テーマということで『忍びの者』を読んどこうと思い、年末に一巻を入手したのですが、結局読了できず臨んでしまいました;まだ途中だけど、伊賀忍者が発展した理由など分りやすかったり、「女の忍者はいない」と書かれていたり、色々おお~ってなる(←ボキャブラないなw)お話です。
“村山知義は忍者の中に日本民族の源を見出していこうとしていた”このキーワードを念頭に、引き続き読み進めていこうと思います。わくわく

Img_4743
講義中の千姫を隠し撮り。あれ、鼻ちょうちん?
うそうそ、ちゃんと聴いてたよね! 

 
講義は本当に面白く、とにかく忍者テーマの講義が嬉しくて感激で、はるばる行って本当によかったです。次回もその次もめっちゃ気になる内容なので、かなり行く気満々・・・困ったものだ!でもこんな機会また暫くなさそうだしな(T T)


講義後は、集いし皆さまにお声かけ!
ご講義を円滑に進めてくださった三重大学山田先生は、第一回目ご登壇者。第二回目の吉丸先生ももちろんお出でで、質疑応答に鮮やかに答えられていました。過去3回のお話も聞きたかったーー。不躾にも、山田先生には東京でのこうした企画の開催について懇願してしまいました。是非是非よろしくお願い申し上げます!!!なんと3月2日の和田竜×川上先生×山田先生のトークショーなど含め書籍化もあるそうで、すっごい楽しみ!生きる糧!今後ひろい発信・展開を期待しております!切実に!

 
お初の方々メモ ※なんかちょっと語弊のある紹介文ですみません;)

忍者好き静岡女子大生 Hちゃん 次回は装束で来られたし
201301121 

Img_4745
忍セーターがイカしてるロシアのイケメンジェントルマン修験道研究者ヒョードルさん。
最終講義のご登壇、頑張ってください!

うっかりお写真を撮りそびれてしまい、めっさ悔やんでいるのですが、

池田先生 忍者研究歴20年!第一線をパワフルに突き進む忍者学(Ninjalogy)探求者かつ植物博士。いま先生がなさっているデータベース整理は本当にみんなが求めているものです・・・!完成すれば大偉業!待ち遠しい~~(>□<)
伊蔵さん めっっちゃ装束が似合っているクリエイティブ系イケヒゲ忍者さま
マーシー店長 言わずと知れた伊賀流忍者店の気さくな店長さま 今度はお店に行きたい!
道順さん 忍者愛も身のこなしも抜群の忍者さま 今度は殺陣を見たいっ!

ああ。ついに私もフェイスブックを始めるべき時が来たようだ・・・!

という素晴らしい忍メンバーでお昼を食べながら忍者談義をし、いよいよお楽しみの「伊賀忍者ミステリーツアー」へ!
 
つづく

| | コメント (3)

2013年1月14日 (月)

しんしん の段

雪だ雪どぁー!!

伊賀流公式手裏剣を失ったのもちょうどこんな雪の日だった・・・。

2013011410570000

こんな日は足跡が残るからきつね走りの練習にもってこいかもしれない!
でもめっちゃ滑りそう

| | コメント (3)

2013年1月 7日 (月)

忍みくじ の段!

お正月といえば初詣!初詣といえばおみくじ!というわけで、作品ナンバー2「はしぶくろ忍みくじ」を作っていき、新年会でみんなに引いてもらいました。

Img_4732
 OPEN↓
Img_4733
ちなみに私は「大凶」だった・・・適当なことしてるからかな(^v^;)



ブログをご覧になっている方も引いてたも!拙いながらJavaScriptでも同じ文言のものを作ってみたよ。ポチっとしてみてね!うまく表示されなかったらすみません。あと、携帯ではだめっぽい

 当たるも八卦、当たらぬも八卦

※ ランダム表示のハズなのですが、適当にコピペってきたタグなのでいまひとつ偏りがある感じです。でも一応24通りあります。
※ おみくじ内容にはなんの根拠もございませんので、あしからずw

| | コメント (10)

2013忍び初め!~お正月の遊び編~ の段

「忍具(グッズ含)をたくさん作る!」という目標の発表で前記事を締めくくったが、早速いろいろ作っているしころであった。

 
記念すべき作品ナンバー1「try!朱雀さまふくわらい!!」

Img_4686_2

某日、朱雀さまに許可をいただき、素敵なお写真を撮らせていただきました。ので、加工してのっぺらぼうにして眉目鼻口バラさせていただきました。懐の深さに感謝です。 

別人パーツ※ や、いじわるな妨害によっていっそうひどいことになっている「すざく様」もおられますが、誰が一番うまいかな・・・?

Img_4690 Img_4697_2 Img_4701_2 Img_4706 Img_4709 Img_4713 Img_4716 Img_4723 Img_4726

こんなキャラ、スターウォーズにいたな。何語をしゃべるのかな。という感じで、どれもひどいですね。
順に、いのさん、とみ丸さん、嵩丸さん、頭目、さくらさん、鷹姫、しころ、千ちゃん、習志野さん

※別人パーツとは
Img_4727_2
スペシャルサンクス光陰さん!
とか言いながら無断で作っちゃいました。すみません。
 
 
Img_4719 Img_4720_2
こちらは、羽子板バトル!

Img_4721_2
負けて転がる頭目。
ただ、羽子板を武器として扱ったら一番強いだろう

| | コメント (2)

2013忍び初め!~巫女舞~ の段

もう朝起きたら仕事か・・・。休みボケがむこう半年は続くかもしれない。恐怖

眠いけど頑張って(逃避) もいっちょつづき!

  
⑦青龍窟さんの抜刀術
写真には撮り逃したのですが、相変わらずのお見事な刀さばきでした!空気が張り詰めた!
こちらも急遽とのことでしたが、いついかなる時でも即できるということが日頃の鍛錬を物語っていますね。天晴れ
 
⑧巫女舞
巫女舞頭千姫からのご挨拶のち、いよいよ練習を重ねてきた巫女舞の披露。
みなさまのご多幸をお祈りしながら楽しく舞いました。緊張したーー!
Img_4628
左から、あかり、さくら、しころ、千
すみれちゃんがいないっ(T T)次は全員集合して舞いたい!!
また色々な折に披露させていただければと思います!
 
また、お鈴(武器)も、朱雀さまがそれぞれ一つ一つ丹精込めてお作りくださいました。こんなに光栄なことはありません。ありがとうございました!!
Img_4728
 
 
以上で、新年会及び道場開きの催しは終了。
今年も一族で忍活できる幸せを噛み締めた2013年初の忍活でした。
 
あと、今年の目標を木札の裏に書き記し、みんなで発表したり。
私の目標は「忍具(グッズ含)をたくさん作る!」
今年こそ忍者検定中級合格したいとか、手裏剣大会本戦出場したいとか、痩せたい、とかいろいろ果たすべき課題はありますが・・・
忍具おもしろい。
忍者グッズがもっとあったらいいのに。
という根本の願望に立ち返り、この目標に決めました。私が好きな「作成」分野に注力し、ちょっとでも楽しんでもらえたり、何か一族のためになることができたらいいなあと・・・
 
がんばります!!

| | コメント (2)

2013忍び初め!~ひょっとこ組頭誕生編~ の段

つづき!
 
⑥猿流会パフォーマンス
猿流会(えんりゅうかい)・・・―のちにその名を世に轟かすであろう。メンバーは怜文さま、嵩丸さん、光陰さん。このパフォについては、どう言葉を尽くしてもレポりきれません。が、あえて一言いうなれば「ソウルフル」! 
ダイジェスト写真をどうぞ
 
Img_4647_2 鴉天狗、颯爽と登場し、
 
Img_4651 軽快なリズムで一同を引き込む。(北区ケーブルTVの取材もきていたよ)

Img_4653 迫力の天狗舞・・・。あれ?
 
Img_4655 後ろからなんかきた!!!
 
Img_4657 !?
 
Img_4660 ひょっとこだ!!!

Img_4661 Img_4662 Img_4663
 
Img_4664  
笑覧、驚愕、感嘆、尊敬、呆れ、・・・いろいろな感情が混ざり、カメラを持つ手が震える。ていうか動きが素早すぎてブレる!!!
 
Img_4665 !?!?
 
Img_4666 おかめもきた!!

Img_4668  
「たおやめ」と「ますらお」 
・・・遠い昔、国語で習った言葉が脳裏をよぎった。この2人を見たとき、漸くその本当の意味を理解した気がする。
 
Img_4669 おかめに愛をぶつけるひょっとこ。どっせい!
 
Img_4670 Img_4671_2 フラれーの、ヤケ酒ーの、
 
Img_4672_2 よっぱらいーの!!
 
Img_4673 Img_4674
ふらふら
 
Img_4675  
ま!ま!一杯!!絡まれながらも撮影に徹する千姫。(千姫はお酒が飲めないので、いのさんがイッキで美味しくいただきました。)
 
Img_4677 Img_4678
大暴れのひょっとこは、愚かにも頭目に絡みだした!
 
Img_4679_2 が、一撃で成敗
 
Img_4680 チーン。
 
Img_4681
 
 
このあと蘇ってひょっとこ舞が続きましたが、笑いのあまり写真が撮れてませんでした。
 
 
・・・おそるべし猿流会!!!
 
何百年続いているどこの伝統の祭りだよ!というくらいクオリティーの高いひょっとこでしたよ嵩丸さん。大筋のみ簡単に決めただけでほぼアドリブという・・・だとしたらとんでもない才能が開花しているぞ!
光陰さんも、可愛らしかった・・・手つき、仕草、完璧な女性っぷりでした。そしてこの逸材たちの新たな一面を呼び覚ました、敏腕スカウトマン・怜文さま。見る目が鋭すぎます。
 
新年早々、すばらしい作品をありがとうございました!今後の活躍に期待です!!
 
Beni_2
怜文さん考案のかわいいロゴマーク。以後お見知りおきを!

 
つづく

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

2013忍び初め!~挨拶編~ の段

今年は「即日更新」を心がける次第であります。
土曜は今年一発目の忍活でした!

「道場開き及び新年会」
日時:1月5日(土)13時~
参加者:武蔵一族(しかしながら、すみれちゃんが帰省中により欠席(T T)残念すぎるっ)
 
Img_4625 Img_4635
始まる前、早速いのさんを激写。陣羽織を着て上忍感がUP!デジカメの設定を間違えて終始低画質モードで撮影してしまったことが悔やまれる。。今年もかっけえ!
 
Img_4621
と、思いきや、きっちりチャーミングにキメる参謀長。
右の紋付袴男性は頭目です!!髪もテンションもあげあげだ!!


というわけで、いよいよ開会・・・2013年忍び初めのラインナップは以下のとおり↓代表挨拶、そして一族内で結成されている会の代表挨拶でスタートです。

①一族代表挨拶(朱雀さま)
 一族の忍術は「殺法」ではなく「活法」というお言葉をいただきました。胸に刻んで今年も活動させていただきたいと思います。
②絆果会代表挨拶(いのさん)
 私の属する忍者の会!ご挨拶にあったように、今年もボランティアを始め、忍者という存在を幅広い形で発信し、世とつながっていく活動を楽しんでおこなっていきたいですね!
③形水会代表挨拶(頭目)
 毎週土曜に頭目が稽古をされている武術(形心流)の一門「形水会」。この会の名の由来をお話しくださいました。上善如水(じょうぜんみずのごとし)「最も理想的な生き方は水のように生きること」という老子の言葉を目指すところとして鍛錬を重ねていこう、という意とのこと・・・この頭目の挨拶が、今年一番目にグッときました。上善如水、いい言葉ですね!そしていいお酒でした(言葉にちなんで、頭目がご用意された)会の志を、しっかりと味わいましたよ!
④猿流会代表挨拶(怜文さま)
 猿流会とは、歌舞音曲によってさまざまな表現をしていこうという会。鴉天狗の怜文さまのもとに結成された生まれたてほやほやの会です。のちにメモりますが、この新年会で初舞台且つ伝説となるパフォーマンスを披露してくれました。
 
⑤隠在若の甲冑演武
Img_4642
当日(開会直前)に朱雀さまから命じられ、急遽甲冑演武を披露することになった隠在若。にもかかわらず、バッチリの四方切り!場が清まった!
 
つづく

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

謹賀新年! の段

あけましておめでとうございます
いとこの家の猫にちょっかい出して遊んでたら指カプられてめっちゃ腫れた
初九字は切りづらいものとなりました(TωT)いたい


今回は忍賀状を出しましたよ
20130101_2
蛇吐き忍者

これは菱プロジェクトのみんな(といっても2人)に
201201012_2
ひしみんかがみもち!


今年もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »