« 美味手裏剣 の段 | トップページ | 3月の伊賀遠征(最終章)~奈良遠征~ の段 »

2013年4月18日 (木)

3月の伊賀遠征~2日目の忍務~ の段

4月もあっという間に下旬か・・・一年の三分の一がもう終わろうとしているなんて。
今月の伊賀忍者講座は4/20、つまり今週末!つまり明後日!早いよー!
その前に私もざっと先月の遠征メモをば・・・;2日目も色々行って楽しかったです(^3^)(1日目 講座&ドライブイン&上野城etc.)
 
 
-----タイムリープ--------------------------------------
3/24 前の晩にお邪魔した伊蔵さんちに再び集いし千しころ。(池田先生と嵩丸さんはお泊まりでした。夜通し忍者トークうらやま!)
上忍池田先生が、急遽忍者ツアーを開催してくれることになりました。
 
3/24AM「突発忍者ツアー参加忍務」
2013041822550000
参加忍:池田先生、伊蔵さん、嵩丸さん、千姫、しころ
天気:温暖
移動車:千姫の愛車(風魔小太郎号改め新堂小太郎号)
運転手:池田先生(スピード★★★★★ テクニック★☆☆??)
 
ほんの少しの間に、「あそことあそこと、」ってツアー内容を即興で組み立てて、
無駄のない経路で我々を案内してくださる池田先生。
頭の中に伊賀が叩き込まれていなければできないことです!爆走Fitで向かった先は・・・
 
P1030684
 
①まず伊賀越えで家康が休憩した「徳永寺」
2013041823040000
このお寺で、「忍びたち集合ー!」ってしたという(←語弊あり
 
P1030690
いつかしころでギコギコしたいものだ・・・というポーズ
乱れ髪でも気にしない
 
そして寺の裏手にある小高いところにどっしり佇んでいるのがこの椎の木。
2013041822530000_2 2013041822540001
なんと、この木に登らせて周囲の見張りをさせたらしい・・・
現在はやや他の木々に視界を阻まれているものの、確かに周りを一望できる、見晴らしの良い場所だったなー!
あの枝に足をかけてあの辺に登ってたのかも・・・!!と、千姫と想像してキャッキャしました。
今回のツアーで一番感激した場所でした!
 
②その次は「柘植歴史民俗資料館」に潜入
2013041823020000 <ようこそおこしくださったぁ~
芭蕉さん!!!
 
何気ない資料館でも、やはり伊賀。忍者に関する展示で必ずスペースを割かれている。
P1030730 P1030724
 
うえでも「伊賀越え」と書いたけど、日本の歴史において伊賀越えは3回あるんだぜっ
2013041823030000
みなさんも今度誰かが「伊賀越えで・・・」と話しだしたら、話を遮って「ちょっとまってそれはいつのときの伊賀越えのことーっ!?」と聞いてみよう。(ちょっとめんどくさい奴だなあ)と思われるかもしれませんが自己責任で
 
 
③さらに、芭蕉資料館を後にし、一行が向かうは、雑木林・・・?
10分ほど斜面を登っていくと、なにやらコケむした石碑がごろごろしている場所にたどり着く。
P1030741
なんと、これは、かの有名な石川五右衛門の慰霊碑的なモノだそうな!
こんなところにこのようなモノがあることを、地元の人は知っているのだろうか・・・ってくらい、誰も入らない場所にありました。すごいものみたー
 
P1030701
今回のツアーで一族きっての研究忍もバシバシ写真を撮りまくってましたよ。
忍者ツアー初参戦の嵩丸さん、テンション高まるさんだったはずです!(最近頭目のダジャレ病が移ってきたかもorz
 
  
こうして、知る人ぞ知る忍者スポットへざざっと連れて行ってくださった池田先生
短時間でもワクワクが凝縮されたツアーを本当にありがとうございました!!
 
史跡のみならず、植物解説もいつもながら冴えわたっていらした。
2013041822540000
↑「カクレミノ」
 
今年度も色々なツアーの計画があり、今から参加の予定を組んでおかねばです・・・!
 
つづく

|

« 美味手裏剣 の段 | トップページ | 3月の伊賀遠征(最終章)~奈良遠征~ の段 »

忍活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味手裏剣 の段 | トップページ | 3月の伊賀遠征(最終章)~奈良遠征~ の段 »