« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

よしなし風魔談 の段

SDカードが妹にさらわれたため伊賀遠征のレポが停滞中;
くじけないために1つ予告しておくと、千姫の新しい装束のファッションチェックから始めようと思っています。こうご期待☆
 
というわけで開催が迫っているイベントネタ先行!
5/3小田原城で「天下一忍者決定戦」が開催されるとのことです
「天下一~」だなんてなんだかDBみたいでオラわくわくしてきたぞ!
 
私は出ませんけど、お仲間たちが何忍かエントリーし、無事当選したもよう。
競技内容はざっくり言うと「城周辺150m競走」・・・運と脚力がものを言う大会です(スタート位置は抽選で決まる)
ていうか5/3てあと1週間もないじゃん!くれぐれも身体を痛めないようにがんばれみんな!!
公式サイトはこちら  靴の条件の妙な細かさにクスリとくるw
 
この大会でなんといっても注目すべきは優勝者には六代目風魔小太郎の称号が授与される」という点でしょう。
「六代目風魔小太郎」を名乗れるとか・・・!!
履歴書(職歴欄?資格欄?)に書かれていたら二度見しちゃいます。
つかみOKか書類選考落ちか、書くかどうかは賭けですね。私が人事だったら当然「明日から来てくれたまえ」と言いたい
 
しかも、今年が記念すべき第一回大会らしい
もし今後も年イチで続いていくようなら、手頃な人数が集まったところで歴代のメンバーによる「風魔小太郎隊(仮)」など結成してはいかがでしょうか!
さらに、10周年記念などでは6代目~15代目を一堂に集め、風魔小太郎のなかの風魔小太郎を決する「風魔一小太郎決定戦」もやったら楽しいとおもいます。

----------「風魔一小太郎決定戦」イメージ-----------
8「うわあぁぁぁ!」 ドーン
審判「6代目の勝利!」
6「見たか!今世紀ナンバーワンの風魔小太郎はこの俺だ!!」ハァハァ
9「ククク、8代目を倒したからと言っていい気になるなよ6代目・・・そいつは小太郎の中でも最弱の小太郎・・・」
6「なにっ!お、お前は・・伝説の9代目!!」
9「フフ・・・私は9代目であり9代目にあらず・・・。」
6「ま、まさか・・・!」
9「2年連続優勝により、10代目でもあるのだ!!」
6「な、なんだと!!」
9・10「それこそが伝説たるゆえん!勝ち上がってくるがよい6代目よ・・・決勝で待つ!」

幸運にも風魔小太郎(7代目)の欠場により初戦を勝ち上がり、次なる風魔小太郎(8代目)を辛くも撃破した風魔小太郎(6代目)。そんな風魔小太郎(6代目)の前に現れたのは、なんとあの伝説の風魔小太郎(9代目)であった。なんと風魔小太郎(9代目)は2大会連続優勝により、風魔小太郎(10代目)でもあるという!次々迫りくる手ごわい風魔小太郎たちを打ち破り、決勝で風魔小太郎(9・10代目)とあいまみえることができるのか・・・!?頑張れ風魔小太郎(6代目)!次回、「ドキッ!小太郎だらけの忍術大会☆3回戦」 こうご期待!!
---------------------------------------------------------
 
熱い展開(@∀@)
最近くだらない妄想がとまらない。


さておき!行きたい小田原!!
小田原市立図書館に行って、藤田西湖文庫のあれこれを読んでみたいです!
目録を見るに、どれも手に取ってみたい資料ばかり・・・

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

4月の伊賀遠征~針なんて刺したらいいんですよ~ の段

は~なんだかつかれたよう。まだ火曜なのによう。しょっぱなからネガティブ発言だが土曜の忍活は最高だったよう!!
 
 
「忍者講座(H25年度第一回目)潜入忍務」
Img_6471
日時:4/20 10:30~
場所:ハイトピア伊賀
講師:川上仁一先生
 
 
いよいよH25年度の忍者講座がスターート!三重大学さま、本年度もよろしくお願いいたします。
前年度が歴史・文化などのワイドなテーマだったのに対し、今年度は「忍」個体にクローズアップしたような内容で、一層興奮・・・。
引き続きさらにさらに興味深いテーマが揃っていますが、記念すべき一発目は「忍者の身体」
ニンジャ ノ カラダ (☆∀☆) 甘美なる響きでございます。
講座の幕開けにふさわしいお方、川上仁一先生が講師を務められました!
 
Img_6470
自身の身体を語ることがすなわち忍者の身体を語ることになるという人はそうそういません。
 
畏れ多いお方・・・((((;゚Д゚))))となんだか必要以上におののいていたのですが、講義前にちらっとご挨拶させていただけたとき、その萎縮はかなり和らぎました。川上先生は本当に慎み深くて気さくなお方と申しますか・・・どこの誰とも分からない私などにも、大変ご丁寧に接してくださるのです。感激です。こうしたお人柄も含め、忍なのでせう
 
さて、講義開始
わくわくーーー!
 
Img_6474
「刀も研ぎ方によっては全く斬れません」の図解。我ながらナイスショットだw
 
とにかく忍者は健康第一!
うんうん。そうだ、と頷きながら拝聴するも、次に最もガンと来た場面が到来。
記事サブタイにもなっているお言葉
 
「針なんて刺したらいいんですよ」 やったらできる。死ぬわけじゃない
「ガラスだって食べられますよ。みなさんもガラス食べられるんです。」・・・
 
ガン(@w@)!!
 
会場からは思わずどっと笑いが起きましたが、先生は別に笑わせようとして述べられたわけではありません。淡々と、先生が今まで鍛錬され、特殊な時間を過ごされてきたからこそ言えるであろう感覚や考えを、具体的な体験談を交えてお話しくださいました。
 
痛い、危ない、などは自分の精神でなんとかなる。能力を信じて、能力を100%引き出せるよう鍛錬を積むことによって、できないと思っていたことも可能になる・・・。
 
なお、この話は以前朝大の忍術講座に参加したときもすこし触れた考えだったので、より深く胸に刺さりました。限界を自分で作っているというはなし。
 
理性や恐れなど、様々なストップがかかってしまうことでも、然るべき時にできるよう信じて鍛錬を積んでいくことが忍の身体づくりのひとつなのでしょう。
 
 
とはいえ、忍者だって人間だもの!
イメージでは超人のように語られている忍者像だけど、人知を超えた力など出せないのだ。加えて、超人的能力と思ってしまうような行為でも、トレーニング次第のもの/トレーニングしなくてもできるもの、すごいように見えるタネがあるもの、いろいろある・・・
 
これらの行為自体は忍術ではなく、むしろこれらを使って人の心を操るのが忍術と言えるだろうと。これらを使って「人に想像させることが大事」であったと先生はおっしゃっていました。とっても興味深い・・!!
できないことはできない。できることを最大限に「スゴく」みせること、それらをいかに有益にみせるか、いかに有効に活用するかのほうが、よっぽど忍術・・・。
TVでビックリ人間を見、画のインパクトだけで単純に驚いたという経験は誰しもあると思いますが、、考えされられるお話だったな~。
 
しかし、主に口伝で古くから受け継がれていたり、昔の資料の中にみる「忍者の身体」づくり―たゆまぬ鍛錬の末に、いわゆる身体のタガを外すような方法など―は、戦う時代でない現代においては、うまくなじまない部分がある。工夫しながら、時代に則したものを編んでゆけばよいのでは。と、先生。
危機回避の場面であったり、健康の面であったり、忍術を万人に活かせるものとして「力尽きるまで、いろんな面で探っていきたい」とおっしゃっていた言葉がとても印象に残っています!
 
すっごく面白かった~~!!
 
※ 講座の中身を詳しく知りたい方は嵩丸速報こと萬川集海で!ホント分かりやすく適確なレポである。購読料払いたいくらいです。(転載料もな
※ 千姫の激アツレポも千里の道もで要チェック!熱い!全忍びの心の代弁者!
 
 
またまた肩関節外しもしてくださったし!!!
何気ない動作で簡単そうに・・・講義の醍醐味でありました!!
質疑応答タイムでは、先生に楊枝隠れ的な実践をかけていただけたし・・・!一番前に座っててよかった~

| | コメント (4)

2013年4月19日 (金)

三重大HPに参上 の段

三重大学人文学部HP
「忍者講座」受講者の声
武蔵一族 小しころ
 

忍友のうずらちゃんに「忍びなのにいよいよ痕跡残したったよー(ノω`)」と報告したら
現代の忍者は名を馳せてナンボだ!と言ってもらえました。そだね。忍者冥利(?)に尽きるね

三重大さま、お声掛けくださりありがとうございました。
いつか特待生として迎えられて、大学お抱えの忍に・・・ああめくるめくニンパスライフ!
かくして忍学部妄想で退屈を乗り切るしころであった。

「忍学部」
陰忍学科/陽忍学科/忍具学科/毒・薬学科/忍者史学科/忍者哲学科/くのいち学科
全てが魅力的なカリキュラム!

サークルは手裏剣研究会/忍者食研究会/遁法研究会/野外忍活サークル/忍者小説愛好会/忍撮会 ほか
まきびしやるなら遁研だ!新歓水遁パーリーだ\(^0^)/

駅伝早そうですね(反則ギリギリのテクニックを駆使)
はっ、大学歌も考えねば。歌詞のフレーズをどしどしお寄せください!
・・・みたいな企画があったら楽しいなw架空の忍大サイト作りてー
よく分からん記事になった。寝ます

| | コメント (2)

3月の伊賀遠征(最終章)~奈良遠征~ の段

つづき!
忍ツアのあと池田先生伊蔵さんとお別れした嵩丸千しころは、奈良でフョーさんと合流して遊びました。
 
3/25PM「奈良遠征忍務」
P1030743_2 分身の術だと!?
参加忍:千姫、嵩丸さん、フョーさん、しころ
潜入目的:
其の壱→熊伏の捕獲
其の弐→土産物の武器の調査
其の参→忍術学院の調査

 
①くまぶしくん
「テディベア×山伏」という、異色コラボなぬいぐるみが奈良で手に入るらしい。(千姫調べ)
ちょうどこの日発売ということで捕獲を試みたのだが・・・残念ながら時すでに遅し、即完売だったのです(T T)
20130324_141926
侮りがたしくまぶしくん・・・。そしてそのあと通販でいち早くゲットされていた一族のお仲間、隼姫も侮りがたし!
 
②おみやげやさん散策
奈良公園周辺の土産物をぶらぶら物色しました。武器類が色々あって面白かったです。
加えて、嬉しかったのはシカとの戯れ!ナデナデひゃっほー!!なんと愛らしい! 
 
2013041823360000 2013041823350000_2 ミーフーン
 
あれは中学の修学旅行のときだったろうか・・・
罰ゲームか何かで「シカせんべいを口にくわえてシカに与える」ということを試みたところ、群がっていたシカが一気に引いていったという悲しい過去をもつしころです。
口中に蘇る、あのときのせんべいの草の風味・・・
もうそんな分別の無いことはしませんよ。大人だからね。
 
どうでもいい回想はさておき。ちかくで綺麗な桜も見られたし、素晴らしい奈良公園周辺散策でした
2013041823040001
ぶわぁ!
 
③忍術学院 
この奈良遠征の主目的は、「忍術学院」調査です!
遠征前に一族内で話題に挙がり、「行ってみる・・・?」と千姫と計画したちう経緯。
時間とかどうなるかよく分からなかったので、特に予約などはせずに遠巻きに見させていただきました。
 
奈良県某所「忍術学院前」にて
2013041822440000 2013041822440001
「喫茶忍術学院」・・・これが真のシュールってやつか・・・ゴクリ
 
残念ながら誰もいらっしゃらず、どういうことが行われるのかは謎のまま
こうして奈良潜入3つの調査及び今回の遠征は幕を閉じた。
 
 
と思いきや、【番外編】 忍術学院のそばにある「一刀石」も見てきましたよ。さすが柳生の里!
20130324_172732 ズォン!
※ 一刀石とは・・・
解説:剣術の達人であった柳生宗厳(やぎゅうむねよし)は、剣豪・上泉信綱(かみいずみのぶつな)との勝負で敗れてしまいます。信綱の弟子となった宗厳は戸岩谷(といわだに)の山で三年間、天狗を相手に剣術修行を重ねました。ある夜、一刀のもとに天狗を切ったと思えば、天狗は消え、そばにあった大石がまっぷたつに割れていました。その石は「一刀石」といわれ、今も天狗の爪あとが残っているそうです。(HP:巡る奈良より)
 
2013041822450000
苦無でさらに斬り込む千姫 
 
とっても静かでひんやりとしていて神秘的な場所でした・・・。
ただひたすら眺めていたくなるような大きな岩石がゴロゴロあった
 
道すがら、急に対岸の大きな岩の方へ渡っていってしまったフョーさん。
怖いってその冒険心!!
 
Dcim0349
フョードルをさがせ
 
Dcim0349 ←正解はココをクリック
  
楽しい伊賀&奈良遠征でした!
ファー!なんとか今月の伊賀遠征までにメモり終わった・・・!

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

3月の伊賀遠征~2日目の忍務~ の段

4月もあっという間に下旬か・・・一年の三分の一がもう終わろうとしているなんて。
今月の伊賀忍者講座は4/20、つまり今週末!つまり明後日!早いよー!
その前に私もざっと先月の遠征メモをば・・・;2日目も色々行って楽しかったです(^3^)(1日目 講座&ドライブイン&上野城etc.)
 
 
-----タイムリープ--------------------------------------
3/24 前の晩にお邪魔した伊蔵さんちに再び集いし千しころ。(池田先生と嵩丸さんはお泊まりでした。夜通し忍者トークうらやま!)
上忍池田先生が、急遽忍者ツアーを開催してくれることになりました。
 
3/24AM「突発忍者ツアー参加忍務」
2013041822550000
参加忍:池田先生、伊蔵さん、嵩丸さん、千姫、しころ
天気:温暖
移動車:千姫の愛車(風魔小太郎号改め新堂小太郎号)
運転手:池田先生(スピード★★★★★ テクニック★☆☆??)
 
ほんの少しの間に、「あそことあそこと、」ってツアー内容を即興で組み立てて、
無駄のない経路で我々を案内してくださる池田先生。
頭の中に伊賀が叩き込まれていなければできないことです!爆走Fitで向かった先は・・・
 
P1030684
 
①まず伊賀越えで家康が休憩した「徳永寺」
2013041823040000
このお寺で、「忍びたち集合ー!」ってしたという(←語弊あり
 
P1030690
いつかしころでギコギコしたいものだ・・・というポーズ
乱れ髪でも気にしない
 
そして寺の裏手にある小高いところにどっしり佇んでいるのがこの椎の木。
2013041822530000_2 2013041822540001
なんと、この木に登らせて周囲の見張りをさせたらしい・・・
現在はやや他の木々に視界を阻まれているものの、確かに周りを一望できる、見晴らしの良い場所だったなー!
あの枝に足をかけてあの辺に登ってたのかも・・・!!と、千姫と想像してキャッキャしました。
今回のツアーで一番感激した場所でした!
 
②その次は「柘植歴史民俗資料館」に潜入
2013041823020000 <ようこそおこしくださったぁ~
芭蕉さん!!!
 
何気ない資料館でも、やはり伊賀。忍者に関する展示で必ずスペースを割かれている。
P1030730 P1030724
 
うえでも「伊賀越え」と書いたけど、日本の歴史において伊賀越えは3回あるんだぜっ
2013041823030000
みなさんも今度誰かが「伊賀越えで・・・」と話しだしたら、話を遮って「ちょっとまってそれはいつのときの伊賀越えのことーっ!?」と聞いてみよう。(ちょっとめんどくさい奴だなあ)と思われるかもしれませんが自己責任で
 
 
③さらに、芭蕉資料館を後にし、一行が向かうは、雑木林・・・?
10分ほど斜面を登っていくと、なにやらコケむした石碑がごろごろしている場所にたどり着く。
P1030741
なんと、これは、かの有名な石川五右衛門の慰霊碑的なモノだそうな!
こんなところにこのようなモノがあることを、地元の人は知っているのだろうか・・・ってくらい、誰も入らない場所にありました。すごいものみたー
 
P1030701
今回のツアーで一族きっての研究忍もバシバシ写真を撮りまくってましたよ。
忍者ツアー初参戦の嵩丸さん、テンション高まるさんだったはずです!(最近頭目のダジャレ病が移ってきたかもorz
 
  
こうして、知る人ぞ知る忍者スポットへざざっと連れて行ってくださった池田先生
短時間でもワクワクが凝縮されたツアーを本当にありがとうございました!!
 
史跡のみならず、植物解説もいつもながら冴えわたっていらした。
2013041822540000
↑「カクレミノ」
 
今年度も色々なツアーの計画があり、今から参加の予定を組んでおかねばです・・・!
 
つづく

| | コメント (0)

美味手裏剣 の段

火曜は頼まれてた名刺を置きに道場に行って、ついでに30分くらい手裏剣練させてもらいました!
仕事後の手裏剣打ちはストレス解消になるー!反面、若干疲れる・・・(でも変に疲れるようなフォームなのが良くないんですな;)
あと、腹を満たしてから臨まないといっそうダメだということがよく分かった。。極限すぎて耐えられず田端駅近くのラーメン屋に飛び込んでもうたよ!
夜遅くのラーメン(T∀T)・・・うう・・・五欲に負けぬ心がほしい・・・!!!
  
とか言っておきながら食ネタなのですが、携帯のデータを見返してたら出てきた
Dcim0095
手裏剣クリームパン!
 
2月の伊賀遠征の時に寄ったサービスエリアに売っていたものです
伊賀や甲賀はこういう忍者にちなんだものが多くてホントいいなー♪
 
Dcim0096
形なんてどうでもいいよ!ちょっとくれー!!
 
Dcim0098
くれくれ顔のかわういサスケ君@千姫宅
 
だがやらん!(^b^)ムシャムシャ
あま~うま~ふわふわ~
 
Image_2
・・・!!

| | コメント (0)

2013年4月16日 (火)

猛毒吹矢蛙 の段

先日、何年かぶりに水族館に潜入してきたー!
ラッコかわいいクラゲきれいウツボかっけーイカうまそうマンボウきもいなどと言いながら水族を見ていったんだけど
一連のなかでひときわ目を引いたパネルが・・・
 
Img_6360
 
猛毒!吹矢!蛙!
なんでも、先住民がこのカエルの分泌する超強力な毒を矢の先端に塗って使っていたことからこの名前がついたらしい。 
なんとも分かりやすい命名だね。 
 
一族ではもちろん吹矢も扱っていて、何度かやらせてもらったことがある
的を狙ったり風船を狙ったり、親しみをもって楽しく触れさせてらっているモノではあるけど、
それらは、命をも奪うことができる恐ろしい武器なのだ・・・。
モウドクフキヤガエルが、思い出させてくれました。
 
Img_6362
わすれるでないぞ、しころ。
 
御意!
(それにしてもどんだけ黄色いんですか!)

| | コメント (2)

2013年4月13日 (土)

「菱の実プロジェクト」~萌芽~ の段

拝啓 ものみなさかえゆく春、いかがおすごしでしょうか。
今年は桜が早々と散ってゆき、大変名残惜しい限りですが、
日に日に暖かくなっていく風に、胸を弾ませずにはいられません。
先日、千姫の御宅の菱も芽を出したようで、確かな春の息吹を感じますね。
 
すっかり放置しっぱなしだった拙宅の菱たちも・・・
 
2013041022460000 2013041022460001 萌芽!
 
花冷えの折り、くれぐれもご自愛くださいませ。
敬具
 
 
追伸
2013041022450000_2
とうびしお前もか!!

| | コメント (2)

2013年4月10日 (水)

3月の伊賀遠征~伊賀上野城~ の段

ドライブイン忍務の後はこの忍務
 
 
「伊賀上野城潜入忍務」
2013040222430000
参加忍:伊蔵さん、千姫、嵩丸さん、しころ
(ドラゴンジョーさん、真影さん、コジソンさんはこちらでどろん)
 
 
伊賀の忍者スポットといえば伊賀上野城!
まずは、敷地内にある伊賀流忍者博物館及び阿修羅さんの舞台裏に忍んでいきました。伊蔵さんが作った有香さんの名刺を有香さんに手渡すという忍務のためであります。そこで渡した名刺をそのまま一枚頂戴してキャッキャするという目論み、名付けて「ギブ&テイク&ハグ作戦」を決行するつもりだったのですが、、
残念ながらターゲット捕捉できませんでした(T□T);有香さんがお休みとはっ
ションボリながらも、みおさんにはお会いでき、幸運でした。舞台裏のみおさんは、ショーの時とは違って、ホンワカしていて優しい笑顔としゃべり方が印象的だった・・・!忍フェス羽田忍務でお会いして以来です♪
 
 
そういうわけで、そのあとはロケーション撮影会をした の だ が
前に書いたとおりこの遠征ではカメラ忘れたもんだから、かっこいいポーズをするみんなを前にして歯がゆかったのなんの・・・キィィ!次は絶対忘れないぞ!
 
それでもスマじゃないホで頑張って撮影した写真はこちら
 
2013040222530000 2013040222540001_2 2013040222490000 2013040222460000 2013041021520000 2013040222540000
 
2013040222440000_2
かっこいい伊蔵さんばがりでシャクなので、カメラ小僧伊蔵
 
わかったこと:良い被写体はカメラを選ばない!一眼でもケータイでもカッコイイ

反省点:というか、千姫写真が少ない理由につきまして・・・
持ち前のローアングルで千姫の美脚ショットをいっぱい撮っていたのだけど、いささかローが過ぎてしまいまして、残念ながらお蔵とさせていただいた次第であります。ちょっと刺激が強すぎる!
これは完全にこのブログの存在価値の消失ですね。千姫ファンの皆さま、深くお詫び申し上げます。塀に上がる千姫、木に登る千姫・・・、私だけの宝物・・・。
 
代わりに、石垣にへばりつくかわいらしい嵩丸若の後姿を掲載しておこう!
 
2013040222500000
よじよじ

2013041021540000_2
ずっと撮影係お疲れさまでした!
 
 
撮影の後はなんと忍者研究家池田先生も合流して、もくもくファーム(という美味しいビールとソーセージのユートピア)で食事、温泉、のち、伊蔵邸で忍会議!
濃い忍トークができました・・・・・・しやわせだった

| | コメント (6)

3月の伊賀遠征~ドライブイン忍ジャック~ の段

さりげなく続く伊賀遠征メモ・・・いつもながら今更過ぎる!けど気にしなーい♪
講義後の忍務は以下のとおり
 
 
「伊賀上野ドライブイン盛り上げ協力忍務」
17_original
参加忍:左からコジソンさん、ドラゴンジョーさん、真影(マーシー店長)さん、しころ、千姫、伊蔵さん、(撮影)嵩丸さん
天気:晴れ
報酬:忍者雪がくれ定食とお菓子のお土産多数
 
 
ドライブインのゆるキャラ、「忍にゃん」の誕生一周年記念イベントを忍者に盛り上げてほしい!ということで、真影さまにまとめていただいた忍務でございます。参加させていただきありがとうございました!
 
店の内外を所せましと忍ジャック
 
53_original
ビシッ
 
22_original
ビシッ
 
26_original
ビシッ
 
31_original
ビシッ
 
32_original
ビシッ
 
75_original
ビッシーッ!!!
 
あっぱれ忍ニャン忍者隊!
 
記念撮影をしたりお客さんと接したり、全身全霊、忍務を全ういたしましたよ。
その様子は、千ちゃんブログ嵩丸さんブログでもさらに詳しくご覧いただけるであろう。
憧れの地で地域密着型の忍務ができて、嬉しかったです!
そしてオシャレ忍者伊蔵さんに素敵な和柄風呂敷を首に巻いてもらってるんるんでした♪

| | コメント (0)

手裏剣大会申込受付開始 の段

H25年度手裏剣大会東京予選にエントリーしましとぁー!
まだの方は ninpaku2@ict.ne.jp へ今すぐ申し込まれたし!
メールでの申し込みに便利な必要事項テンプレをつくったよ♪↓
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
件名:第五回伊賀流手裏剣打選手権大会 〇〇予選出場申込
 
伊賀流忍者博物館
ご担当者様
 
この度はお世話になります。
〇〇予選への出場を申し込みますので、以下ご確認いただければ幸いです。
郵便番号:
住所:
氏名:
ふりがな:
電話番号:
公式ガイド:持っています/持っていません
 
どうぞよろしくお願いします。優勝掻っ攫います!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
どしどし申し込もう!ちなみに各会場申込受付は先着50名まで。
昨年は打つ順番=当日の受付順だったので、今回も申し込み順は関係ないと思われる。
参考まで、前年度大会予選のレポはこちら
 
 
昨日はさっそく練習すべく、一族稽古会に参加してきました!
習志野さん・じらいやさん・武さん、そしてぶどうさんと共に試行錯誤しながら頑張りましたよ。
 
はりきって 九字をきったら 指きった  小しころ注意喚起の俳句(;▽;)
 
大したことなかったけど地味に痛かったです・・・;みんなも注意!

| | コメント (2)

2013年4月 7日 (日)

いつの日か菱粉を入れて作りたい の段

昨日は、桜散り果てている&悪天候という切ないコンディションでしたが・・・
計画していたお花見会ということで、集まった絆果忍たちとお茶しました!

久々に作っていった忍者クッキーシリーズ
Dcim0374

に、春の新作
2013040708500000_2


ザンッ
 
あの「ひしみん」が今度はクッキーになったよ!!

2013040708500002



目と口はチョコチップにしたんだけど、
想像以上にかわいくない仕上がりに

 
2013040708500001



ゾロゾロ

 
さらに「ひしみんin沼」をやりたいがため、ディップ用チョコムースも作ったのですが、
冷蔵庫で冷やしたまますっかり忘れていました;

2013040709000000_2無念

| | コメント (5)

2013年4月 4日 (木)

3月の伊賀遠征~忍者講座~ の段

先月の伊賀遠征ではカメラを忘れるという失態をやらかしちゃった☆ニンペロッ
よって、千姫&嵩丸若からデータをもらって見ております。ありがとう二人とも~
城で撮った写真、ほんとクオリティー高いな~。ロケーション・モデル共々、バッチリ!うっとり。
でもなんかちょろちょろ太い奴写りこんでるな・・・あれ、じぶん? 由々しき事態であるorz 
でも一族のくのいちはみんな細いから、一人くらい太めの奴がいてもいいんじゃないかな。だめかな。
ちなみに武蔵一族トリビアに「さくら・しころ・すみれ・千は奇跡の155同盟(全員身長が155cm)」というものがありますが、私にとっては酷な同盟です・・・。比較厳禁
このままでは、しころトリビア「小しころの“小”は小太りの“小”。」が成立してしまうよ!
「もはや“小”どころの段階じゃなくなりつつある。」 ←2へぇ 98あっそ

やー。トリビアとか古いネタははさておき、遠征初日の忍務をざっとメモるぜ!
 

「忍者講座「外国人から見た忍者」潜入忍務」
20130323_120652
H24年度の講義のトリを飾るのはフョー先生です
顔出しOKらしい。くっ、
今まで頑張って覆面編集してたのにぃヽ(`Д´)ノ

20130323_1206521  → 20130323_1206522
前回(2月)はこんなだったけど、この日はスーツでバシっとキメキメ。かっこいい!ギャップもえ(°∀°)=3

P1030349
開始直後、私まで緊張するほどピーンと張り詰めた空気だったにも関わらず、途中までパワポをスライドショーにせずに進めてしまったもんで、だびだび画面に出てきてしまったシャボン玉(スクリーンセーバー)によって、ファンシーな感じの背景になってました。ギャップもえ(°∀°)=3(か?

P1030355
エンタメ色の強い忍者の映像や写真、書籍などの資料をたくさん紹介してもらいました。
海外の忍者像は、我々の目から見たら滑稽に映ることもしばしば。そうしたものに対しては、どうしても斜に構えてしまいがちですね・・・。殊に娯楽の分野で活躍している忍者たちは、迫力満点に演出されてればされてるほど、なんだか脱力するw
でも、他の土地や他の時代の文化を取り入れるときは、自分たちにあわせてウケる要素だけ取り出したり、作り変えたりして楽しむものだし、だからこそ色々な忍者があって面白いんだな~と思ったよ。もちろん、変えるべきではない部分はあるかもだけど・・・

しかし「"ニンジュツ"を"ニンジャツ"と外来語っぽくなく発音してモノにしてる」みたいなエピソードを聞いて、それはちょっと図々しい!ってなりましたw
 

20130323_120652_2
かたよったイメージだけでは、もったいない!
ぜひ忍者講座を受講して、色々な忍者の姿を知ってみよう!
頭で忍を楽しんだあとは、体で忍を楽しもう→田端の道場で待ってるよ!!(誰向けのCM?)
 

それにしても、三重大学さまさまです・・・
私のような学のない木端忍にもすごくわかりやすい形で、貴重な研究の賜物に触れさせてくださる!
4月からも引き続き忍者講座がありますが、より一層なまなましい忍の世界を垣間見ることができるようなテーマとなっています。わくわく。月イチで頑張って通うぞ・・・!忍者マイル貯まらないかな・・・!

三重大学は忍者講座の開講のほかにも、これからの忍者研究を変えていくであろうさまざまな偉業に取り組まれています。
さしあたっては忍者関係資料のデータベースの完成が・・・待ち遠しや~!!
従事されている先生方を心から尊敬し、応援しています。
これからが楽しみ!!

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

[熾]=火が炭に移る。また、火の勢いがよくなる。 の段

先日、H24年度忍者講座の最終回をバッチリ締めくくってくれたフョーさんことクバーソフ・フョードルさんは、ロシアから三重大に留学してきて、修験道について研究している若き学者さま。
講座後、色々な忍者スポットに一緒に行って遊んでくれる気さくなお人です。

今まで私がしてもらったことのない素敵なジェントル対応も然ることながら、
古風な日本語表現(ex「ちょっと蛍を見に行ってきます」=トイレ)や、難漢字もたくさん知っていて、その勤勉さには舌を巻くほど!
 
そんなフョーさんが、我が忍名「しころ」に当て字を授けてくれましたー!

Dcim0350 キュピーン!
「熾心」(字:フョーさん)

ちなみにこの葉っぱは「タラヨウ」という、字が書ける葉っぱです。
その日の忍ツアで池田先生に教えてもらって拾ってきたものに書いてくれた
 
カッコイイ漢字を当ててくれてありがとうフョーさん!!!
今までは「漢字だと“四度殺す”で四殺(しころ)です・・・クク」とドヤ顔で答えていたりしましたが・・・(すでに一族の資料用にしてしまった;中二w)今度もし漢字聞かれたら「熾心」でこたえようかな♪

| | コメント (0)

小集い の段

集いには行けなかったんだけど、午前中の小集いに参加してきました♪
 
浅草「しのびや」潜入忍務
日時:3/30 10:00~
天気:くもり
参加忍:猪千しこ忍隊(しころ離脱後は嵩丸さんが合流)
 
いのさんの華麗なる手裏剣打ちの様子を見よ!
Img_6339
 
Img_6342
どまんなか
(お店のおねえさんがわざわざ横から撮ってくれた)
これは今年の手裏剣大会も期待大ですねー!
 
Img_6341
伝説の忍具「破離殲」をゲット
 
千姫と私は要練習・・・な結果でしたorz orz
でもさりげなく手裏剣打ちのポイントカードが貯まっていたようで、
次チャレンジしたら認定証がもらえるようだ。ワーイ
財布にどんどん忍者関係のカードが増えていくよー

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »