« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月19日 (木)

ガンバレ手裏剣ジャパン の段

第五回伊賀流手裏剣打選手権大会
大阪会場から始まり、現在東京会場まで
6箇所での予選が終了しました。

注目の上位3強―
一昨年度優勝者にして現在予選1位のコジソンさんが返り咲くか!?
次いで、九州肥前夢街道でご活躍のくのいちお銀さんが、至上初のくのいち優勝者なるか!?
彗星の如く現れし武器職人かげさんが、かげ棒手裏剣での練習の成果を本選で炸裂させるのか!?

はたまた、この3強を出し抜くツワモノが金の手裏剣をつかむのか・・・!?
目が離せませんっ(@▽@)=3

【得点一覧及び猛者たちの名前はこちらでチェック】

↑関東勢の仲間も2忍ほど名を連ねています!
参加証は忍者名で郵送されてきたのに(配達員困るw)、一覧では本名で記載されている習志野さん。
そして、室内を傷つけながらコツコツ自宅練習を重ねてきたとみまるさん。
みんながんばれーー!!!


本選に向けてますます熱が高まります!
そんな熱を持て余した暇忍しころの、さして役に立たない集計グラフを以下に載せましょう。
べ、別に仕事中に作ったわけじゃないんだからねっ↓↓
 
 

★予選通過者地域別グラフ★
 
2013tiiki

こう見ると、まあまあ各地でバランスがとれていますかねえ~
必ずしも在住地域の会場から出場するとは限らないので「だから何だ」って感じですが、今年は愛知予選会場が若干多いようです!
愛知会場である犬山忍術道場は、暖かい雰囲気でありつつ集中して打つことができる大変良い場所です。
でも自分が一番いいなと思っている会場は九州の環境・・・半屋外で、的まわりの囲いもなく、前後左右開放的な打ち場所なのがすばらしい。


★予選通過者男女比★

Danjo

お名前から勝手に性別を推測したので、間違っているかもしれませんが・・・(「あばちゃん」さんがどっちか分からなかったorz)
やはり男性通過者が圧倒的に多い。女性の方が投擲距離が1mも近いというのに!
予選通過者が少ないのか、単に申込者が少ないだけなのか。恐らく後者かと思いますが。。いずれにしてもかなり低い女性率!


私としては共に高め合う同士として、女性申込者ももっと増えてほしいところ。

提案① 手裏剣をデコった「キラキラ手裏剣」や、有名ブランド・キャラクターとの「コラボ手裏剣」をつくる
提案② 大会ポスターに人気イケメン俳優を登用。さらに50点当たったら握手できる特典あり
提案③ ファッション雑誌あたりに「モテかわ手裏剣ダイエット」的な記事を書いてもらう

このような手でシュリケンヌ(パリジェンヌのノリで)を獲得してはいかがだろう!今とりあえず「〇〇女子」って言っておけば、それなりにコミュニティーができるみたいですし。どんな動機であれ、手裏剣の魅力に気づいてもらえればこっちのもんや!(?)


・・・よく分からない妄言が混ざりましたが、話を戻し、、
残すは1会場のみ!
今回初開催の静岡、一体どんなダークホースが潜んでいるのだろうか・・・。
ついに緑茶と手裏剣打ちとの意外な因果関係が明らかに・・・!?(ならない

あ~ホント楽しみです!!
この勢いで、2020オリンピック正式種目になりませんかね(ならない

| | コメント (6)

2013年9月17日 (火)

久々の野忍にん~巻物争奪忍務~ の段

Img_0058
蕎麦屋でアブに刺される習志野之図 
 

9/1野忍プログラム つづきです!

美味しい蕎麦を食べ、午後は「兵法」
Img_0060
「え~では、この巻物を敵陣から奪ってもらいます」
 
!?
 
「兵法」実践編として、2チームに分かれ、戦略を駆使して、自陣の巻物を守り敵陣の巻物を奪取せよ!という忍者サバゲーを行うことになりました!!
かくして、遊眠・武・吉田さん軍 VS 習志野・しころ軍の熾烈な兵法バトルが幕を開けたのである!

 
【簡単なルール】
・手裏剣(に見立てたゴムボール)各チーム5つあり。当てられたら死亡。自陣に戻れば復活。奪うこともOK
・刀(スポンジ素材?)1本あり。同じく斬られたら死亡。自陣に戻れば復活
・敷地内ならどこに行ってもOK
・制限時間は15分!(たしか
(野人さんは審判、佐藤さんは撮影)
 
Img_0093
↑手裏剣ゴムボール
 
Img_0094_2
↑敵陣の巻物(竹筒の中)
 
Img_0097
↑我々の砦
 

【ならしころ軍の陣立書】
見取り図(うろ覚え)及び習志野隊長が企てた戦略はこうだ!(ペイント汚い・・・orz
 
Sakusen
 
①習志野さんが3人の目を引き付けている間に
②しころはばれないように石垣を登り、
③裏口まで移動、
④速やかに家宅へ侵入(ルール上OKとこっそり確認済み)、
⑤コッソリと巻物の置いてある台まで近づき、
⑥隙を見て巻物をパッと奪い、
⑦ダッシュで帰還!
という作戦です。ポイントは、敵の意表をついて内側から巻物を奪うところ。
重大忍務を課せられてしまった・・・!ドキドキ


野人さんの太鼓の合図で忍務開始!

  
胸に2つの手裏剣ボールを入れ込み、石垣を登る(興奮値60%)
習志野さんの陽動(さも砦に私がいるように嘘の声掛け)が見事で、なんとかバレずに家の中に侵入(興奮値(80%)
四つんばいで、こそこそと室内を移動。扉から、敵の動きを目測しつつ、息を殺しながらじりじりと縁側へ移動・・・(興奮値100%)
この時のドキドキワクワク感は、小学校の時缶けりで物陰から鬼を見つめているときの約1,000倍でしたね。めちゃくちゃ興奮しましたよ・・・憧れの隠忍的行動!!!
 
じわじわコソコソと近づいていたところ、ビニール袋をガサリとやってしまい、バレたか・・・?と思いつつ、構わず巻物へ近づく!(興奮値120%)
が、敵に動きを読まれてました!ガラス戸に鍵がっ!!?
焦りつつ開錠しているあいだに、竹筒を阻まれてしまいました
あと一歩で手が届くところだったのにーー!!!
 
すごすご自陣に戻り、作戦の練り直しです;ハァハァ。
練り直しといっても、もはやノープラン。
相手も流石で、あわや巻物を取られそうになったり、手裏剣ボールや刀でやったりやられたり。
それぞれの様子を注意深く伺い、地形を活かした小細工を仕掛け、手が防がれたら次の方法!次の方法!と考えながら動き、動きながら考え・・・
 
攻めつつ守りつつのこう着状態が続き、こうなりゃ2人で特攻しかない!と腹をくくったところでタイムアップ!
やー、めっっちゃ面白かったです(´∀`) 
なんかあんまうまく説明できてませんが、ホント楽しかった
こういうのずっとやりたかったんだ~
 
 
野外活動の後は、室内に戻り、振り返り。
みんなで工夫した点や気付いたことを共有し合います
 
たとえ、安全で楽しい遊びの状況であっても、息が上がり、心拍数が上がり、手が震え、いつも通りの、想定通りの動きができませんでした。
これが、もし命を懸けた局面だったら・・・
不測の事態に陥った場合は・・・
最善の判断をしなければ、自分はおろか自陣に大打撃が及ぶだろうときに、
引くに引けないという一瞬に、
どれだけ思い通りの動きができるのか・・・
いくら綿密な作戦を立てても、自分の身体と心をコントロールすることは本当に難しいことだなと、実感。
 
 
楽しいだけでなく、忍者に対する思いも、実践を通してより深まったプログラムでした!

| | コメント (2)

久々の野忍にん~情報とは~ の段

9月1日野忍プログラムに参加しました!
だいぶ時間が経っちゃったけど、今回の内容は是非レポりたい。
 
「野忍プログラム忍務」
Img_0033
野忍:野人さん、補佐遊眠さん
参加者:佐藤さん、ヨシダさん、習志野さん、武さん、しころ
 
- - - - - - - - - - - - -
今年度からスタートしている「野忍プログラム」
ことごとく日程が合わずになかなか行けなかったのですが、こんなに魅力的なテーマがもりもり沢山行われていたのである・・・
1「基礎知識」
2「変装術」
3「心理術(室内中心)」「手裏剣」
4「移動術(野外中心)」「吹き矢」
5「サバイバル術」「身体づくり」
6「岩登術(クライミング)」「体術」
7「情報術(室内中心)」「剣術」★
8「兵法(室内・野外)」「棒術」★
9「食薬術(室内・野外)」「集中力鍛練」
10「組織術(室内・野外)」「視野鍛練」
11「リスク管理(室内・野外)」「救急術」
12「夜間耐久歩行」「歩行術」
後期は、都合がつく限り参加したいと思っています!!
- - - - - - - - - - - - -

★やっと参加できた今回は、
7・8「情報術」「剣術」「兵法」「棒術」の4本立て。
座学あり!実践あり!めちゃくちゃ楽しかった!!
 
Img_0039 Img_0041
 
さて、全て面白かったけど、特に「情報術」の座学は宝物のような経験となりました・・・

イメージ的な忍者が語られる時、戦闘能力のみが誇張されることが多いですが、「本来は情報や関係をうまく扱うことこそが大事とされた」とよく言われるかと思います。
けど、じゃあ具体的に「情報」って・・・?というところは、自分の中では蔑ろにしてきた気がする。。
―どんな種類があり、どんな手順で、どんな方法で集められ、扱う際にどのような注意を働かせなければいけないのか・・・
今この時代に引き寄せた「情報術」を分かりやすくご講義いただき、目からウロコのひとときでした!
逃した方、2期は必修ですよまじで!!!
 
Img_0045
(個人的には、野人さんと武さんの経験値の高さが楽しかったですw)


「兵法」実践編につづく!
こちらも大変心躍るアクティビティでした・・・

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

伊賀流手裏剣打ち選手権大会東京予選2013 の段

闘いを前に、忍者ーズハイ状態の武さん、ぶどうさん、習志野さん @山手線
Img_0215
ドドドン!
 
・・・彼らの向かった先は!!
 
Img_0235  
「手裏剣大会2013東京予選参戦忍務」
日時:9/8(日)11:00~
場所:浅草エキミセ(せっかくの下見も虚しく、雨天のため屋上→エスカレーターの間のスペースに変更。)
当日お会いできたかた:(投擲順)
嵩丸さん、習志野さん、ぶどうさん、武さん、しころ、遊眠さん、野人さん、飛竜さん、大内さん
 
 
前後しますが、先週の日曜の手裏剣大会予選のことについてメモ~

参加者は去年より多かったような・・?去年の会場の花やしきの時はひっそり奥まっていて人目に触れないような場所だったのですが、今回の会場はモロ店内だったので人通りも多く、飛び込み参加も多かったのでは?海外の観光客っぽい人も当日受け付けしてましたね。増えろ手裏剣人口!
 
 
というわけで早速スタートゥ!

Img_0225
一族トップバターは受付No.2の嵩丸さん。忍色薄めだったため、いつもの気合の九字も不発気味だったではありませんか!んもう
 
 
嵩丸さんのあと、少し間が空きました。仲間や自分の出番を待つ間、客席でほかの出場者の打つ様子を伺ったり、仲間と話したりしながら緊張をほぐす
 
あ、消防士の方も参加されるんですね~
Img_0247
と思ったら飛竜さんだった。火遁に強そうな覆面です

Img_0274
今回の展示品にはしころがない(゚´Д`゚)゚アーン地味にショック。
 

そうこうしているうちに、いよいよ
 
習志野若!
Img_0245
10投の練習から格の違いを見せつける我らの頼もしい組頭。観客からは自然と歓声と拍手が湧き上がる・・・。カッコイイー!!
 
Img_0263
ぶどうさんの九字は練習の時以上にキマっていた!
奥方さまが見に来ていたらもっと高得点だったろう!!
 
Img_0265
武さんの一打一打、気迫が込められています
深々と板に刺さっていました。
 
1291854_4699781030743_751024171_n
そしてわたし!(大内さんが撮っていてくれました!ありがとうございます)
結果は、30点でした・・・悔しい~~。でも、去年の得点は超えたのは喜ばしいことです 
この調子で来年こそ予選通過したいな・・・!
 
Img_0253
遊眠さん
独特のフォームで徐々に中心に寄っていく手裏剣、見事でした
脱力の仕方も見習いたい。

Img_0269
野人さん
確かな打ち筋。さすが!!
3回目があれば確実に高得点だったはず・・・!

Img_0272
飛竜さん
初の手裏剣大会の空気に飲まれることなく自分の間で打たれていた
来年にますます期待が持てる打ちぶり!
 
Img_0273
大内さん
フラリと立ち寄ったような様相で、意外と的確な狙い。
チャラいのに、持っている!!キイィ
 

・・・

(とみ丸さん、隼さん、慈雷也さんにはお会いできませんでしたが)
こうしてそれぞれの手裏剣大会予選が幕を閉じました―

小しころ、今年も予選通過ならず。 くっ・・・
しかし10月は応援に行きたいと思います!!初めての本選観戦楽しみです!
今のままでいけば、習志野さんは今年も本選に出場できるので、それが何より嬉しいことだーー!!頑張ってね!!!


出場後は、しのびやの手裏剣打ちに悔しさをぶつけた一同。
Img_0279

私もいつもより当たりました(笑) 
 
おしまい

| | コメント (9)

2013年9月15日 (日)

柿渋作り④ ~小しころ怒りの柿絞り~ の段

今日は忍者BBQの予定でしたが、大雨のため中止になりました(泣)
ところがどうしたことか・・・今のこの日差しは!めっちゃ晴れてるorz 

 

というわけで、怒りの柿絞りを開始いたしました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
寝かせておいた柿渋の封印をとく
放置すること一週間・・・
見た目がかなり攻撃的な感じだったので、マイルドな顔にしとくね! 

Img_1075
こいつをこし袋でこす。

Img_1079
あーれー

Img_1085
で、ろうとでビンに移す。じゃじゃ~

Img_1098
とりあえず か、ん せい??

うーん、、なんか違う気がする・・・薄い気がする。
やはり柿の潰しが足りなかったか??

まあ、いいや(--)=3 あとは2~3年置いておくらしい
つかれたよ


| | コメント (4)

2013年9月13日 (金)

空中林檎斬世界記録奪還応援忍務(番外編) の段

城ロケーションがあまりにも素敵だったので、いくらか写真も撮らせていただいた

Img_0446
Img_0323
Img_0417
ぶどうスペシャル(加工楽しい)
 

Img_0428
蒼志VSぶどう

Img_0448
たけのこは何処だ・・・

Img_0456
私が採り尽くした。
 

Img_0348
ビシッ

Img_0349
ははは~

 
Img_0293
のぼう様と♪♪

| | コメント (2)

空中林檎斬世界記録奪還応援忍務(後編) の段

Img_0340
暑い中がんばる源蔵頭目
 
後編!

今回の番組では、ギネスの挑戦を追うと同時に、わかりやすい「THE・NINJA」像を紹介することもコンセプトになっているもよう。なので、合間に忍者的カッコイイ動きの撮影もありました。
センター源蔵頭目、左ぶどうの右蒼志!レアな3忍衆のめっちゃカッコイイ動きを、スローカメラで捉えることにより、よりカッコイイ映像に仕上がっていた・・・お見せできないのがホント残念です(´3`)イギリスに見に行こうかしら

 
そういった撮影が終わり、一旦昼食タイム。
監督の英語で唯一「ランチ!」の一声のみ聞き取れた、と得意になるうずら。を尻目に、鳥五目おにぎりの旨さに舌鼓をうつしころ。の目の前を、ブロンドのマブい(死語)お姉さんが横切るではありませんか
 
ゴフッ。来た!ギギギ、ギネス認定員の方!!!?
 
いよいよ「ギネス挑戦を応援する」という滅多にないであろう場面に立ち会うのだ・・・緊張と、ギネスのお姉さんの可愛さとで、胸が高鳴りました。

------ひとこと言わせて!ギネスのお姉さん語り ------
いやー、大変おうつくしゅうお方でした!!さすがギネス!
今回、一つ重要な情報を得た。
ギネスのユニフォーム、めちゃくちゃかわいい。
その方は本当にキュートな方で、ジャケットがビシっとお似合いで、
細身で、眼鏡っこときたもんだ。ぶどうさんと二人でもえてました(*´□`*)
Img_0358
----------------------------------------
 

って、ギネ姉さんに萌えてる場合ではないぞぶどう氏!! 
さあ、こちらが源蔵頭目と挑戦を共にする相棒
Img_0351
苦楽を共にしてきたであろう刀。重みが伝わってきます
源蔵頭目、がんばれ!!!
 

刀の長さを計り、

台をセットし、
 
りんごを一つ一つ確かめ、、 
 
張り詰めた空気が一同を包む。
 
Img_0363_2 Img_0369
Img_0366_2
 
 
いざ・・・空中リンゴ斬りっ!!!
3、2、1、start。

Img_0372_2

・・・!! 

源蔵頭目の技、スッゴいぞ!!!
 
まさに固唾を呑んで見守りました。
生で見られた感激と、世界記録に挑む者の気迫で、息ができん!
り、りんごが、りんごが!これが空中リンゴ斬り!!!


記録更新に求められるのは、およそ2秒に1個、空ぶることなく仕留めること・・
30個を斬るにはとてつもなく短く、集中を切らすことなく刀を抜き振りし続けるにはとてつもなく長い。そんな1分間です。。

・・・・・・
 
源蔵頭目は最後まで心を折ることなく、やり抜いてくれました!
今回、残念ながら、あとほんの少しの差で世界記録には届かなかった。悔しい…!!
でも、源蔵頭目の姿、心に深く焼き付いています。
これほどまでに、一瞬一瞬の時間の流れを噛み締めた経験はありませんでした。
そんな空間にいられたこと、本当に会社休んで無理やり伺った甲斐がありました。
源蔵頭目、河野さん、尊い一日を、ありがとうございました!!
 
この世にリンゴがある限り、源蔵頭目は斬り続けるはずだ。
最後に源蔵頭目と交わした熱く力強い握手で、そう確信した次第です。
 
Img_0457
もう一枚、認定証が並ぶ時を待っています!!
 
Img_0460
いつか絶対にリベンジだ!!!!



空中林檎斬世界記録奪還応援忍務、完遂!

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

空中林檎斬世界記録奪還応援忍務(前編) の段

えるしつているか 忍者は りんごしかきらない。

 
「空中林檎斬世界記録奪還応援忍務」
Img_0347
日にち:9月10日(火)
場所:忍城(埼玉県行田市)
挑戦忍:葉隠忍者頭目 剣源蔵さま サポート河野さま
応援忍:蒼志さん、ぶどうさん、うずらちゃん、しころ
 
 
「空中りんご斬り世界記録奪還」経緯・・・
某番組内で「空中りんご斬り」の世界記録に挑戦し、1分間に28個という驚異的な記録で華々しくギネスに名を連ねた源蔵さん!
喜びに沸く忍者界だったが、その4か月後、激震走る―なんとアシュリタ・ファーマン氏によって記録が塗り替えられてしまったのだ!
 
源蔵さんは肥前夢街道でご活躍の有名忍さまであります。
このニュースを知って、悔しく思っておりました。
 
しかし、記録奪還の好機が巡ってこようとは!
この度、某局から取材により、再度ギネス記録に挑戦されることになったのです!
しかもロケ地は埼玉県、我が地元!!というわけで、応援忍として手を挙げさせていただきました!
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 

AM10:00
激戦の舞台となる忍城へ潜入。
うずらちゃんとの忍務はなんと2年ぶりくらいです!彼女も地元なのと、ちょうど休みだったのをいいことに連れてきましたというか車で連れてってもらいました。まじさんきゅう!

あ、蒼志さん。おはようございます。
Img_0286
蒼志さんも忍者として活躍する身―今回のチャレンジに対しては深い思いがあるのでしょう。すごい気迫を感じます。
あわよくば斬ったリンゴを持ち帰ってシャリシャリうまうま・・・とか考えているわけではありません。終始鋭い眼光でリンゴをつけ狙っているように見えたのはきっと気のせいなんだ
 
Img_0295
源蔵さん、河野さんと初対面!わああ!!
はるばる埼玉へようこそ!!
最初、その目力に圧倒されましたが、眼差しは大変優しく、気さくに接してくださりました!一瞬でファンに・・・(@▽@)
 
Img_0302
ぶどうさんも来た、夜勤明けでバイクをぶっ飛ばして来た!今日もブディッシュ


というわけで忍衆が全員集合し、収録を待ちながらしばし歓談。
空中リンゴ斬りが如何に難しいのか、前回のリンゴ斬りは如何にして達成されたのか、肥前夢街道のチームワーク、裏話をいろいろと伺いました。面白かった~
 
Img_0297
楽しいお話をしながらも、その時は刻一刻と迫ります・・・
リンゴを掴み上げ、絶妙な高さへ放り、刀を抜き、リンゴの位置を把握し、刀をすくい上げ、リンゴを二つに斬り、刀を鞘に収める。繰り返し。想像を絶する妙技、どれほど手に負荷がかかるのだろうか・・・。入念にテーピングをする源蔵頭目。
 
リンゴチェック 
Img_0288
グッドアッポー!!8cm以下のジョナゴールド
食うなよ蒼志
 
 

・・・体だけでなく、精神的な重圧もきっと大変です。
そんな中でも、常に我々を気遣ってくださった源蔵頭目。
収録がスタートしてからもずっと、我々に優しくお声をかけてくださいました
 
Img_0309
初めてのTVで戸惑ううずらちゃんに優しくアドバイス
 
Img_0346 Img_0341
源蔵さんへのインタビューパートを見守る忍

つづく

| | コメント (0)

柿渋作り③ ~いよいよ作成~ の段

いよいよ作成の段に入ります。
 
引き続きネットで調べてみた限り、何種類か作り方があるようです。そのなかで、比較的めんどくなくて、ミキサーなどの文明の利器を使用しない方向で作るとします。
 
①青い状態の渋柿を収穫
Img_0206 Img_0126
本当は8月中旬頃のが良いらしいけど!
 
Img_0134
ごろろん
 
②ざっと水洗い。そして採れたての青渋柿をグダグダに潰します
Img_0138 Img_0142
 
Img_0143
そのまえにヘタの葉っぱを毟っとこうか。
 
③いよいよぶっ潰します!袋に入れて
Img_0145

Img_0147
トンカチでガッ
 
Img_0148_2 Img_0149
実もタネも、トンカチで粉々に… ガスッ ガスッ ガスッ

Img_0153
時には拳で ゴッ!
 
Img_0184
休日の昼間、親の仇かのように一心不乱に青柿をトンカチで殴り砕く女
都市伝説「青柿砕き女」 ガスッ ガスッ ガスッ  
 
Img_0185
ふう。もっとグズグズにしなきゃいけないみたいだけど、とりあえず疲れたからこんなところで勘弁してやろう!(グロ注意)
 
④うっぷんをぶつけられ、粉々になった柿を、
Img_0189

お次は水攻めじゃ!フハハハー
Img_0193
どぼどぼどぼ
柿に恨みはないのだが、なんだかひどい仕打ちですね…!
 
やべえ
Img_0195
写真撮ってて、うっかり水入れすぎたかもしれません。
水を入れないという製法もありましたが、凝固しやすいとのことでとりあえず入れときました。
まいっか!このアバウトさが武蔵流(スミマセン
 
⑤封印し、1週間くらい置いておく
Img_0199 Img_0201
このへんも製法がまちまちです…期間が長かったり短かったり…とりあえず適当に寝かせとくようだ
 
Img_0202
ほいっ!
 
---------------------------
ここまで終了ー!相当適当ですね・・・;見る人が見たら全然ダメ柿渋かもしれません。柿渋っていうかただの柿汁?

こっから先の作業は、
 ⑥しぼる(濾す)
 ⑦ビンに詰める
 ⑧何年か置く ←!
という感じです。
 
⑥以降を印旛沼のBBQにてみんなでやろうかな~って思っていましたが、青臭いし見た目も悪いし、多分気持ち悪くなるんじゃないかな…(><;)時間なさそうだからやめときましょうかね…。要検討です
 
以上、柿渋作り(途中まで)でした

| | コメント (2)

2013年9月10日 (火)

柿渋作り② ~柿渋あれこれ~ の段

ということで、柿渋についてざっくり調べました。
用途及び柿渋と忍者の関わりを整理いたしますと、主に3点挙げられるかと思います。
 
①防水:前の記事に挙げた通り、柿渋には防水効果があるらしい。火薬に湿り気は厳禁ですしね。そういった用途で火器に関わる忍具に使われていたと思われます。
 
②強化:
上の防水と同義かもしれませんが、その昔(化繊の縄が主流になる前)、縄の強度を高めるために柿渋が塗られていたようです。魚網にも塗られていたとのこと。鉤縄、縄梯子などなど、忍具に縄はつきもの…。強化・補強のため、縄に関わる忍具に柿渋が使われていたに違いない!
 
③染料:
柿渋色ってご存知でしょうか。ウェブ定義では一応こんな色■ 忍び装束の通説としてよく言われているのが、「柿渋色の装束こそ闇にまぎれやすい!」ということ!上二つの柿渋と染料としての柿渋とでは若干性質が別になってくるかもしれませんが、とりあえず柿渋は色の面でも忍者と関わっていると言えるでしょう。防虫効果も期待できるようです。
 
 
・・・ほらね!ちょっと柿渋に興味が出てきたでしょ!?出ないひとは、とりあえず秋の味覚としての柿を愛でてくださいね。
 
つづく

| | コメント (2)

柿渋作り① ~プロローグ~ の段

以前、伊賀のミステリーツアーで、ガイドの上忍池田先生と澤村家を訪れたとき、「ここには信濃柿という柿渋に適した柿が生えている」ということを聞いた。
【参考】池田先生の澤村家に関する執筆では、「火薬の防湿紙を作る渋を取っていた信濃柿などの様々な樹木が邸内狭しと繁る小さな森だ。」とあります
 
「柿渋」とはどうやら忍者の道具を支える品の一つのようだ…。
このときから、秋になったら柿渋作って実験してみたいな!と漠然と思っておりました。

 
そんなわけで、秋ですね
スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋…秋にも色々あるけれど、今年の秋は柿渋の秋!我が家の庭にも柿が実り始めたことだし、武蔵流(?)柿渋作ろうと思います!
 
つづく

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

やわらかまきびし の段

日曜はいよいよ手裏剣大会ですじゃ!
屋上なのに天気悪そう。でも悪天候を利用して「稲妻手裏剣」が打てるかもしれない!!
「稲妻手裏剣」の打ち方
 ①手裏剣に落雷
 ②電気が手に伝わる前に打つ
 ③刺さってビリビリ

 
それはそうと、10月の葛飾国際交流まつりの演武で使う柔らかいまきびし作りました

Dcim0634_2

疲れたわりに微妙なクオリティー。。

| | コメント (2)

2013年9月 2日 (月)

若大将のにんにん散歩 の段

いつも一族のTVレポは千姫がしてくれるのですが、今回は予告もしたことだし、仕事休みだったし、私めが見所をお送りいたしませう!
 

今回のかやまっぷは田端周辺

若大将が緑を愛でながら道を歩いていると、どこからともなく三味線の音色・・・(貢山さん演奏)
音に導かれ向かった先には「時代アカデミー」の看板が。室内を覗いてみると黒い人影がわらわら蠢いており・・・
に、忍者!??

かくして若大将の忍者体験がスタート!
 
道具の説明。十手、手裏剣、仕込みこけしなどに興味津々の若大将
「毒が塗ってある!」(※実際には塗ってません)と聞いて慌てる若大将、思わず代表にボディタッチ

Dcim0619

そんなこんなで吹き矢を体験することに。
一度やってみたかったんだ!と声を弾ませる若大将

Dcim0621
吹き矢の説明をする習志野さんと的の風船をセットする相模さん

それではトライ!
 
Dcim0623

「難しいですよ」という前フリをものともせず、2発ともバッチリ命中!
抜群の腕を見せつける若大将、さすがっす

Dcim0626
でも、・・・こ、こっちじゃないんだ!!
どアップなこの針は若大将が吹いたやつじゃなくて・・・風船をとめておく用に刺した針なんだ・・・!

 
Dcim0627
忍び衆を従えた若大将。カッコイイですね!
 
おしまい

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »