« やわらかまきびし の段 | トップページ | 柿渋作り② ~柿渋あれこれ~ の段 »

2013年9月10日 (火)

柿渋作り① ~プロローグ~ の段

以前、伊賀のミステリーツアーで、ガイドの上忍池田先生と澤村家を訪れたとき、「ここには信濃柿という柿渋に適した柿が生えている」ということを聞いた。
【参考】池田先生の澤村家に関する執筆では、「火薬の防湿紙を作る渋を取っていた信濃柿などの様々な樹木が邸内狭しと繁る小さな森だ。」とあります
 
「柿渋」とはどうやら忍者の道具を支える品の一つのようだ…。
このときから、秋になったら柿渋作って実験してみたいな!と漠然と思っておりました。

 
そんなわけで、秋ですね
スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋…秋にも色々あるけれど、今年の秋は柿渋の秋!我が家の庭にも柿が実り始めたことだし、武蔵流(?)柿渋作ろうと思います!
 
つづく

|

« やわらかまきびし の段 | トップページ | 柿渋作り② ~柿渋あれこれ~ の段 »

忍者アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やわらかまきびし の段 | トップページ | 柿渋作り② ~柿渋あれこれ~ の段 »